僕の過去を振り返る|今思えば成功の前触れだったこと3つ

シェアはこちら

150912235990-thumb-1000xauto-19289

僕の人生でも、これまで「うまくいったなあ」と思われることがあります。

何も総資産1億円になったとか、会社を辞めてもいいぐらいの副収入を手に入れたとか、そういう真の成功まではまだこれからですが(泣)、

それらのきっかけになるであろう、小さな成功であれば、今までも経験していると感じます。皆さんも1や2つあるのではないでしょうか?

例えば、大学受験や資格試験に合格したとか、株式投資で初めて利益を得られたとか、自分の仕事が少しだけ認められたとか、いらないものをヤフオクで売ってみたらトンデモない額で売れたとか、初めて彼女ができたとか、5kgのダイエットに成功したとか、

このぐらいであれば、きりがないほど挙げられる人も多いでしょう。会社を辞めました!とか人生が劇的に好転するほどではないにしても、成功体験は成功体験です。

ということで、今回は、そういう小さな成功体験を振り返り、思えば前触れだったこと、つまり成功の理由について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

■エッセイを商業出版できた理由

まだ本名を公開していないので、内容は公開できないのですが、小説は世に出せたことはないのですが、エッセイなら商業出版したことがあります。

本当は小説を出したいと考えていたのですが、なかなか「世に出せるほどのクオリティではない」と首を縦に振ってもらうことができないでいました。

しかし、小説でなくとも、印税で儲ける経験をしてみたいと思い、とあるエッセイの企画を出版エージェント会社に提出してみました。

企画の添削までだいたい3週間ぐらいでしょうか。結果、「出版に向けて動きたいと思います」というお返事を頂き、出版の企画が本格的に動き出し、時間かかりつつも見事出版。

100万円にも満たないほどの印税でしたが、テレビやラジオ出演もできたし、新聞や雑誌にも掲載されました。講演もしたことがあります。こんな経験できるなんて思ってもみなかったです(副業なので就業規則違反かもしれないですが(笑))。

出版した本の内容は、基本的に自分の趣味をまとめたものです。

この趣味の他、僕は文章を書くのが好きという特性も持っていました。

つまり、好きと好きを掛け合わせた感じです。おそらく100万円弱の印税を得られたのは、これだと思います。

自分の強みが単体ならビジネスには繋がりにくいですが、2つ以上を組み合わせると、収入に繋がる趣味になりやすいと実感しました。

⇒似たようなことがこちらの本でも書いていました。

■お金を貯められた理由

まあ、この年(30代も半ば)で独身で、にも関わらず、これまで会社を辞めてこなかったわけですから当然といえば当然かもしれませんが、それなりに蓄財はできたような気はします。

もちろんリアルな金額は言いませんが、ただ収入よりも遥かに低い支出で生活してきただけではありません。最近は少し自己投資額が多くなってきたかなと反省しているくらいです。

余ったお金を投資に回していました。積立投資もしているので、今でも毎月いくらか投資していますが、今のところ、その利益は全資産の20%くらいではないでしょうか。ほったらかしていたらこのぐらいになってきました。

つまり、投資しているか否かで、2割も総資産が違ってきただろう、ということになります。もちろん全財産投資に充てているわけではないので、これは結構大きいですね。

投資の勉強を始めて、資産運用とかに着手してから何年か経っています。基本的に投資したらほったらかしなのですが、それでこんなに貯金額が違ってきているんです。

投資の運用益は、短期では実感できないところですが、このように長期間寝かせておくと、「ああ、あのとき投資してよかった」なんてことがよくあります。

早い時期に蓄財について意識して計画的に運用していくと、後々会社を辞めやすくなるほどになると思います。お金は少しずつ働かせるようにしていくことが大事ですね。

■ブログを継続できている理由

今の主な安定的な収入源は投資の運用益を除けば、会社の給料とこのブログという感じになっています。

収入源と表現するには、今はまだまだかもしれませんが、まだまだ伸び代は大きく、今後利益は増えていくと思うので、収入源ということにしておきます。

もともと小説を書いていて、新人賞に応募してみたんですが、見事に一次審査で落ちてしまいました。で、その落選した原稿用紙400枚程度の小説はどうなったのかというと、何もお金を生み出さない紙くずのままです。

落選を知ったときは、まずはこれを思い知ることになります。ああ、このまま引き続き会社の奴隷を続けていかなければいけないのか、という虚しさ。いつになったらゴールにたどり着くのかわからない途方のない距離感のようなものを感じました。

そんなときに考えたのが、「よしブログを書こう」ということです。今のグーグルアドセンスがメインのブログでなく、サイトアフィリエイトという手もあるのですが、少しでも自分の好きなことを書きたいと思って、ブログを選ぶことにしました。

ブログであれば、少しずつ育てていき、育っていく過程で徐々に収入を得ることができます。まあ、今はその段階です。専業のアフィリエイターにいろいろ教えてもらいながら、もうすぐ運営して1年になります。

書籍の出版はそうはいきません。最後まで書き上げて、世に出ないと収入になりません。途中過程で収入を得るということがないです。それだけ、ハードルの高さが伺えます。

ブログも出版も共通していることは、孤独で単調な作業をコツコツ継続することにありますが、少しずつできることから積み重ねていくことができるのは、どちらかというとブログの方です。

ブログを開始して感じたことは、孤独な作業を継続できるように、できることから開始する重要性です。

■関連記事

【関連記事】僕の楽しかった過去や成功体験を3つシェア|自己肯定しよう

子供の頃の小さな成功体験についてシェアしています。良かったら併せてご覧下さい。

■まとめ

ということで、僕が思う成功の前触れ、これまで経験したことで感じた成功のための重要な要素は、以下のような感じです。

・自分の強みを複数かけ合わせること

・貯金&投資は早い時期から開始すること

・孤独な作業が継続可能なように、できることから始める

・成長過程でも報酬が得られるようにしてモチベーションを保つ

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です