日本の若者の未来は本当に暗いのか?希望を持って生きるために必要な3箇条

シェアはこちら

若者の未来は暗いのか

別記事で、「本当に日本の若者は絶望しているのか?」という記事を書きました。

最近とやかく言われることですが、別記事で書いた通り、みんながみんな絶望しているわけではない。夢とか願望とか、ビジョンとか持っている若者もいっぱいいると思います。

そして、実際に日本の若者の未来は本当に暗いのか?ということですが、実際に暗い要素はたくさんあります。

政治経済の観点で考えれば、日本の未来が明るいと思っている人はほとんどいないでしょう。

日本の借金問題は1,000兆円を超えても未だに解決の目処は経っていないし、年金制度は今の20~30代が老後を迎える頃には、理論的には財源が尽きて破綻するのは目に見えています。

なので、今も老後破産とか、最近は下流老人なんて言葉も出てきているみたいですが、今の世代より、後の世代の方がより過酷な状態なのは目に見えています。

また、少子高齢化ということは、高齢者の世論が非常に有利になるということです。選挙になると、どうしても高齢者の投票が多くなるので若者に不利な政策になりやすいです。

大阪都構想の決選投票なんかでも、割合の高い高齢者の反対票が多かったことが話題になってましたね。

そして、言うまでもなく日本は世界有数の自殺大国です。20~30代の死因の半数は自殺です。若者にとって、ガンより怖いのはうつの方です。

また、世界的にも日本人は内向的、ネガティブ、自己表現が苦手と言われていて、うつになりやすい特徴を多く持っているのです。

このように、たしかに上記のような評論家っぽいことを言うと、日本の未来は暗いと言わざるを得ないのですが、じゃあ、その打開策はないかと言われると、そうでもないような気がします。

スポンサーリンク

〇ビジョンを持つ

自分の場合は夢やビジョンがある方だと思っているので、今はその現実とのギャップをどう埋めていくか、ということが大きな問題になっているのですが、

なかには自分のビジョンがなかなか定まらない人もいると思います。自己啓発書でよく書かれている夢リストを書けなんてことも、なかなか出来ない人もいると思います。

そういう場合は、子供の頃、どういう趣味を持っていたか、何に夢中になっていたかを思い出すことです。

子供の時にしかできないようなことでも良い、夢中になっていた時に何を思っていたか、誰と過ごしていたかを思い出すと良いかもしれません。

自分のことは、わかっているようでわかっていないと思います。だから、みんなビジョンを考えて、それをもとに目標を立てるわけです。

また、自分がどんな状態にいる時に気分が良いか、自分の強みは何だと思うか、マインドブロックになっているのは何か、今までに人を喜ばせた経験はなんだったか、そういったことを振り返るのも、明確なビジョンを持つきっかけになったりします。

〇お金の勉強をする

このブログで多く訴えていることですが、節約や投資について学んで実践するといっても、そんなに大げさなことではありません。効率的にお金を増やすために、お金にも働いてもらうのです。

会社員では、たまに節約や投資について学ぶことが面倒くさいという人と会うことがありますが、これは経済的自由の機会を放棄するようなもんです。

毎日自分が好きか嫌いかわからない会社で汗水垂らして働き続ける方がよっぽど面倒くさいような気がしますが、いかがでしょう?

また、経営者になったり、独立したりしないと金持ちになれないというのは大きな誤解です。節約や投資について、しっかりと意識して取り組んでいれば、会社員でもお金に困らない生き方を選択することは可能です。

逆にこの知識がないと、いくら大金持ちになっても、すぐにお金を失ってしまうでしょう。

〇他人を変えようとしない

別の記事で外的コントロールとか、そういう言葉を使った記事を書いていますが、自分ではなく、他人を変えようとすると必ず人間関係が破壊します。

人間関係が破壊するのは、お互いの願望を知ろうとせずに、知らず知らずのうちに破壊的なコミュニケーションを取っているのです。

相手を受容するようなコミュニケーションを取らない限り、どんどん人間嫌いになったり、人間不信に陥ってしまいます。

生理的に受け付けないような人もいるでしょうから、みんなと仲良くすることは不可能ですが、自ら進んで人間嫌いになるような行動は起こさないようにしたい。

でも、皆無意識のうちにやっちゃうので、日々自分のコミュニケーションを振り返ることが大切なんだなあと思います。

あれ、なんかどれも当たり前のようなことを書いてしまいました。ここまで読んで「わかってるよ!!」と怒り心頭の人もいるかもしれません。

でも、これらって、結局日々の積み重ねなんですよね。お金もコツコツ貯めて、コツコツ投資していかないとたまらないですし、良好な人間関係に必要なコミュニケーションも、すぐにできるようなもんじゃないので。

残酷なもので、すぐに効果が出て、すぐにハッピーになることはほとんどないんですよね。でも、日々の積み重ねで、ある時急に心が解放されたり、いつの間にかお金が貯まっていたりするので、少しずつでも実践していくしか、方法はなさそうです。

お金も心の問題も若いうちからそのことに気付けば、きっと、自分が行きたい願望の世界にたどり着くと思います。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメント

  1. ky0k0 より:

    心からそうだと思います。
    同じことを思っている方がいて嬉しいです。

  2. 阿久田川 直紀 より:

    ありがとうございます。ブログを書いていてとても励みになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です