“ポジティブ思考が苦しい時があります”自分に正直に生きていますか?

シェアはこちら

偽ポジティブ

何事にもネガティブで、物事において否定的な言い方をする人は誰にも好かれていないし、仕事もできていないと思います。そもそもネガティブな言葉を発する人自身、とてもじゃないけど幸せそうに見えない感じ。

一方で、何事もポジティブな言葉を使って、物事において受け止める余裕のある人は、基本的に人が集まってくるし、仕事もできて、そもそも充実していて楽しそうで幸せそうです。

だからといって、ポジティブ思考をしよう!!アファメーションを毎日唱えよう!!と思っても、なぜか苦しい時があります。

「私はできる!!」と10回行っても、なぜかどんどん落ち込んでみたり、不安になってきたり。ポジティブになろうとすればするほど、逆に憂鬱な気分になってしまう。これは結構あると思います。

スポンサーリンク

〇本当に求めていない

個人的な考えですが、アファメーションとかポジティブ思考って、自分の心の中をよりはっきりさせる行為だと思っています。

自分が本当に求めているけれども、どこか心の中でぼんやりと霧がかっている状態を、言葉に発することではっきりと見ることができる。

そういった言葉を脳が受け止めて、初めて脳は指令を出すことができると思います。

なので、本心から求めていないことを、言葉に発して「私はできる!!」といっても全然効果がないと思います。

・本当は仕事が好きでないのに、もう辞めたいと思っているのに「私は今日も仕事をバリバリこなします!!」

・パワハラ上司を殺したいほど嫌いなのに「今日は上司とうまくコミュニケーションを取ります」

・本当は彼氏(彼女)に対して心が冷めているのに「私は彼が大好きです!!」

・別に高級車に興味がないのに「俺はフェラーリを3台持つぜ!!」

・別に家なんて欲しくないのに「俺は豪邸を建てるぜ!!」

・もうちょっとフリーな身分でいたいのに「彼女が欲しい!!」

例を挙げればキリがありませんが、ポジティブ思考やアファメーションによって本音を覆い隠してしまうと、心がどんどん苦しくなります。

「こうならなきゃ」「こうしなきゃ」と言っても全然モチベーションが上がらないのは、願望にないからです。

願望にないことを「こうしなきゃ」と思うのは、自分で自分を否定して痛めつけてしまっているようなものです。

心の中は本当に正直です。「嫌だ」と感じていれば本当に嫌なことをしているし、「気持ち悪い男」と生理的に拒否反応が起きれば、その男とは絶対に付き合えない。

義務感に感じていることと願望を間違えてしまうと、ポジティブな言葉を言えば言うほど苦しくなります。

こういう場合は、アファメーションする前に願望を明確化する必要があると感じています。

〇できないことを「できる!」と言う

もう1つポジティブ思考で苦しくなることで考えられるのが、今の自分ではできないことを「できる!!」と言うパターンではないかと思います。

極端に言えば、フルマラソンを完走したことがないのに、来年のオリンピックで金メダル取るぞ!!みたいな。どう考えても無理だろう、ということで自分を奮い立たせても、心は正直なので拒否反応を示します。

オリンピックで金メダルは極端でも、こういう目標を掲げたことはないでしょうか?

・毎日ブログを3記事書くぞ(100文字程度のブログなら可能と思いますが……)

・1日本を5冊読むぞ

・来月までにフルマラソン走るぞ

・1ヶ月で10kg痩せるぞ

・まだ本出したことないけど、今年は印税で1億稼ぐぞ

・昨日始めたばかりだけど、今月はアフィリエイトで月100万稼ぐぞ

自分が達成できる目標よりは、達成可能かどうか微妙なラインで目標を立てるのは大事なことだと思いますが、出来もしないことを目標にしても、心が先に悲鳴を上げます。

切羽詰まった時ほど極端な目標を掲げてしまいがちですが、絶対にうまくいきません。出来るか出来ないかわからないくらいの目標がちょうど良いです。

あと、コントロールが難しいことを宣言してもあまり意味ないです。「今日は風邪引いた。でも意地でも治すぞ!!」なんかがその代表でしょうか。

風邪ひいたなら、気合いと言わずに、さっさと病院行って薬もらって、胃に優しいものを食べておとなしく寝るしかありません。

「むかつく上司を無理やり説得するぞ」とか、「今日こそお客さんを意地でも契約させるぞ」みたいな人をコントロールしようとするのも無駄なエネルギーですね。

ポジティブ思考は本当に大事ですが、一歩間違うとネガティブ思考よりも破壊的だったりするような気がします。本当に求めていることで、そのために必要な目標を口に出して言わないと、脳は動いてくれないみたいです。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です