割り勘男などのケチな男性はモテないと言われるのは本当か?

シェアはこちら

pak86_dakiyoseru315182624_tp_v

「割り勘男はあり得ない」とか、「一緒にご飯に行ったらクーポン券使えるか店員に聞いててドン引き」とか、ケチな男性はモテないと聞きます。

ケチな男性はモテないと言っても、堅実な人ならちゃんと節約して運用に回したいと思うでしょう。自分もなるべく節約してお金を貯めたいです。ということで、今回はこの件について思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■割り勘男にクーポン券……ケチな男性の例

まず、ケチな男として、よく例として挙げられるのが、冒頭でも書いた、割り勘とクーポン券です。恋愛に関するサイトや本では、一度は出てくるところです。

〇割り勘男

端数は男性の方が出すにしても、食事代をほぼ割り勘にしてしまう。モテない男の代表例としてよく聞く割り勘男。そんなに割り勘男ってだめなんでしょうか?

相手の意向にもよりますが、基本的には男性が出した方が良いかと思います。これは単純に相手に気持ちを見せるためです。

割り勘にしてしまうと、どこか「あんたには、今回の飲み代の価値がない」というふうに見えてしまいます。自分に価値がないと思われるのは、男性でも女性でも傷ついてしまいます。

これはデートに限ったことではありません。例えば自分の悩みを聞いてほしくて友人を誘って飲みに行った。そして、いろいろ相談に乗ってもらった。この場合もやはり自分が奢った方がいい。

これは、相手と過ごした時間が、少なくとも相手の飲み代以上の価値があるからです。割り勘にしてしまうと、その価値がないと判断されてしまったように感じてしまいます。

デートに話を戻すと、「この女と2度目はない」と思わない限り、極力奢った方がいいでしょう。お金の使い方には自己投資、浪費、消費がありますが、デート代もこの考えに基づきます。

〇クーポン券

お店にクーポンを提示する男もモテないとよく聞きます。できるだけ安く済ませたいのはわかりますが、これもなるべく相手を立てて、グッとこらえるのがいいでしょう。

何でも損得勘定、メリットとデメリットで考えてしまうと恋愛は成り立ちません。自分はクーポン券を出したりしませんでしたが、損得勘定で考えてしまうところがあって、あまり恋愛がうまくいきませんでした。

手間暇かけたり、少しお金をかけるのが無駄とは限りません。相手の心を満たすためには、少しお金をかけることも必要なのです。これも結局自己投資、浪費、消費の考え方に基づきますね。

■浪費家もモテない

このように、たしかにケチな男性はモテないかもしれません。しかし、浪費家もモテません。成功の原理原則から外れてはいけません。

実際に、高年収で浪費家で貯金なしよりも、低年収ながら堅実に貯金していく男性の方が倍以上の人気があるという結果も出ています。

浪費家の女性を嫌う男性は多いですが(←自分もです)、浪費家の男性も女性に好かれません。恋愛はうまくいっても、結婚となるとうまくいかないでしょう。

男性ほどではないかもしれませんが、お金に対する価値観は、女性も見ていると思います。

やたら飲み代にお金を使っている、ギャンブルにお金を使っている、お金に無頓着、身の丈に合わない買い物して見栄を張っている……、どれも嫌がられるでしょう。

そもそも浪費しすぎると、恋愛以前に生活が破綻します。お金がないと心の余裕ができません。心の余裕がないと自分のことしか考えられなくなります。自己中では恋愛はうまくいきません。

■お金にきれいな男を目指す

モテる男を目指すなら、やはりお金に誠実な男を目指したいと思います。お金に誠実とは、前述のとおり、お金の使い方を、自己投資・消費・浪費に分類してはっきりさせることです。

女性に自己投資できる人がモテて、浪費する人はモテないのです。経済的に困らないためにも、この分類は必要ですが、結局恋愛においても重要な分類なのです。

ケチはモテないというと、収入より遥かに低いレベルで生活を維持している人がモテないように聞こえますが、全然違うのです。

収入はそんなになくても、しっかり貯金して投資していても、女性に自己投資できる人がモテる人なんだなあと思います。

と、過去の恋愛の失敗談を思い出しながら話しました。自分も女性に自己投資が全然できていなかったと思います。これから挽回していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です