【恋愛編】男性が何考えてるかわからない場合の対処方法4つ

シェアはこちら

IMG_0632

僕は結構、同性からも異性からも「何考えてるかわからない」と言われます。

良くも悪くも、仕事の場面でも、恋愛の場面でも共通してよく言われます。

血液型はB型、手相はKY線、動物占いの進化版の個性心理学では強靭な翼を持つペガサスという特徴もそうさせるのかもしれません。

この特徴から、何となくわかるように、自分はかなりマイペースで、自分のスタイルを崩さず、周囲と協調するよりも一匹狼を好む人です。

ただ、自分のような人に限らず、女性が男性に対して「何考えてるかわからない」と思うのは、決して珍しいことではないかと思います。

ということで、今回、恋愛で男性が何考えてるかわからない場合の対処方法について、思うところを書いてみました。

スポンサーリンク

■社交辞令が多いので、約束は具体的に

口約束で「デートしようよ~」「ご飯食べに行こうよ~」と言っても、約束が果たされないことは結構多いです。これは案外男の人がやらかすことのような気がします。

自分の場合、なるべく口約束したら、「いついつなら空いてるよ~」みたいなことを相手に言うことが多いですが、

社交辞令で終わりがちな人なら、女性の方から後でメールしたりして、具体的な日時を決めていったりする方が良いかもしれません。

特に合コン後、社交辞令で終わらず、デートを実現させたいなら、なるべくそうした方が良いでしょう。でも、これは男性も心がけたいところです。

■束縛しない

これ、自分がされて非常に嫌なケースで、かなり主観的なところも入るかもしれません。

というのも、自分は自由の欲求が強くて、束縛されるのがかなり苦手なんです。これで、食い違いが起きて、結局相手から見限られたことが何回もありました。

結局「1人の方が楽でいいや」なんて考えていたら、結局ずるずると……。

「最近全然会ってくれない」「連絡もしてくれない」と不満をこぼし、束縛しようとすると、僕のように露骨に嫌な顔をする人もいると思います。

自由がないのは、とても息が詰まりますよね。どんな美人と付き合っていても、「ずっと一緒で話を聞いてくれる人でないと嫌!」という人とは付き合いたくないものです。

お互いの自由な時間を尊重したいものです。

■好きとか愛しているを言わなくても見守る

日本人は、そもそも「好き」とか「愛している」とか言わない生物です。特に男性はそうではないでしょうか。

自分も結構、この言葉を使うのはとても照れます。勇気がいります。

でも、何かのタイミング、誕生日とか付き合った記念日とか、そういう場面では、男性から言うようにしたいものですね。

だからといって、「好き」とか「愛している」とか言われないからって、不満に思う必要もないのかなと思います。

だって、単に言うのが恥ずかしいだけなので。

■価値観の違いを話し合う

結婚を前提として付き合っている場合、最も重要な部分はこの部分ではないかと思います。

特に大事なことはお金に対する価値観です。成功者を目指す男性は基本的に浪費家とは付き合いたくありません。

また、家を買うか買わないか、専業主婦か共働きか、などなど、お金に関することは話し合った方が良い。

一緒に節約や投資の勉強をするようになったら最高ですね。

【関連記事】金持ちの男性はどんな人を結婚相手に選ぶのか?美人なら大丈夫?

〇関連記事

【関連記事】何考えてるかわからないとよく言われるけど、そんなにおかしい?

何といっても、自分が「何考えてるかわからない」とよく言われます。

ただし、「何考えてるかわからない」と思われることに、別に反省して変わろうとは思っていません。

むしろ、そういうふうに言われるのが嬉しいくらいで、自分のスタイルを徹底的に貫いていきたいです。

もし良かったら、この記事も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です