金持ちの男性はどんな人を結婚相手に選ぶのか?美人なら大丈夫?

シェアはこちら

photo-1429080355161-3c071e2e27a6

今回は、お金持ちの男性がどんな人を結婚相手に選ぶのか?ということについて、2冊の参考文献をもとに思うところを書いていきたいと思います。

【この記事はこんな方におすすめです】

・金持ちでいられるパートナー選びに関心のある男性

・金持ちで魅力のある男性と結婚したいと思っている女性

・結婚してからお金のことで後悔したくないカップル

スポンサーリンク

■なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?

2015-08-12 19.22.59

1冊目の参考文献は「なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?」(田口智隆著、水王舎)です。

既に書評を書いているし、パートナー選びに関する内容についての感想も軽く触れていますが、ここでも少し触れていきたいと思います。→書評はこちら

この本の第2章で、お金持ちのパートナー選びについて書かれています。

〇好きだけで一生のパートナーを選ばない

つい一時の情熱的な恋愛感情に流され、そのまま勢いで結婚してしまうと金持ちになれる可能性は低いということです。

たしかに、付き合いたての頃なんかは、周りも見えなくなるほどお互い愛し合うなんてことも珍しくないと思います。

でも、それでずっと一緒に生活できるかどうかと言うと、それは別問題です。賢いお金持ちはパートナー選びの基準を明確に持っているそうです。この基準については、2冊目の参考文献のところで述べます。

〇結婚しても自分の世界を持てる人を選ぶ

自由の欲求がすこぶる高い自分の性格を考えると、自分にとってはとても重要なことだと思います

賢い金持ちは「私と仕事、どっちが大事なの?」と聞いてくるような依存心の強い人をパートナーに選ばないようです。

仕事でもプライベートでも、自分の世界の時間を確保すると、お互い一緒になる時間は限られてきますが、その限られた時間で充実した時間を過ごす。とても理想的な結婚生活ですね。

〇結婚前にお互いの価値観の情報発信を

男女のすれ違い、特に夫婦間のすれ違いの最も大きな原因はお金に対する価値観の違いと言います。

なので、この本では、価値観は一致しなくても、自分の価値観をお互い理解するよう、常に情報発信していくことが必要だということです。本書に書いている例を挙げると、

・将来の収入につながる自己投資にはお金を惜しまない

・お金があっても、贅沢はしない

・これから仕事で勝負をしたいので、あまり休みは取れないかもしれない

特にお金、仕事、住居については、積極的に情報発信していくことが重要です。ここに遠慮があると、後々理想と現実のギャップの大きい結婚生活になると思っています。

【関連記事】お金の価値観の違いが破滅を招く!結婚前に確認しておくべき5つのこと

〇食事で違和感を覚える相手とは付き合わない

著者が重要視しているのは、お付き合いしたいと思う女性と食事した際に、違和感があるかないか、というところみたいです。

例えば食事をごちそうしたら「奢ってもらって当然」という態度を取ったり、自分や店員に「ごちそうさまでした」「ありがとう」を言えない、食べ方が汚い、そういうところが垣間見えるようでしたら、距離を置くようにしているようです。

逆に言うと、自分自身も食事の態度は見られているということです。リラックスして楽しむ時間であっても、最低限のマナーや礼儀は大事なんでしょうね。

■なぜ、この人たちは金持ちになったのか

金持ちになったのか

2冊目の参考文献は、「なぜ、この人たちは金持ちになったのか」(トマス・J・スタンリー著、日経ビジネス文庫)です。

この本についても一部の感想をブログに書いています。期待資産額のところです。良かったら併せてご覧ください。→期待資産額についてはこちら

今回は、この本の第6章「金持ちになるための配偶者の選び方」についての感想を書きたいと思います。

〇金持ちの既婚率と離婚率

この本は純資産100万ドル(1USD=120円とすれば1億2000万円)以上のアメリカの全土の億万長者を対象に、大規模調査を実施し、その結果をレポートした本です。だから読んでいて説得力あるし面白い。

結婚に関する調査については、以下のように書かれています。あくまでもアメリカの調査結果ではありますが、必ずしも独身だからといってお金が貯まるとは言えないのがわかります。

・全米の億万長者の92%が既婚カップルであり、その離婚率は、億万長者でないカップルの1/3以下。金持ちは以上に離婚率が低い

・長く同じ相手と結婚生活を続けている世帯では、総資産額のかなりの増加が認められる。逆に結婚が長続きしないと、生涯に蓄積される資産は低いレベルに留まる

〇金持ちの配偶者の特徴

億万長者が口にする、自分の配偶者像については以下の通りとのことです。(原文まま)

・しっかり者。

・私の精神的支え。

・自己中心的でない。

・辛抱強い。

・伝統的価値観を持つ。

・理解がある。

外見の美しさだけで結婚した億万長者は、まずいないという結果で、大多数が上記の配偶者の資質を感じ取っているとのことでした。

女性にとって、外見の美しさはとても大事だと思いますが、外見の美しさに加え、上のような資質を持っていれば、女性はお金持ちで魅力的な男性と結婚できるということなんだと思います。

また、金持ちで幸せな結婚生活を手にしたい男性であれば、上記の資質を持った女性と結婚できるよう、自分を磨いていく必要があるということだと思います。

〇共通の関心事の中身が大事

夫婦で共通の関心事があれば、まず別れないという傾向があります。これは何となく理解できますが、金持ちになるかどうかで重要なところは、その共通の関心事の中身です。

共通の関心事に蓄財の鍵となるようなことがあれば、その夫婦は別れないし、資産も築けるとのこと。(以下原文まま)

・家計費の予算を立てる

・投資を計画・実行する

・経済的な目標を設定する

・事業を起こして運営する

例えば、贅沢品を買うにしても、収入からすぐに手に入れるのではなく、投資の運用益などの資産から買うようにする。ここに共通認識があれば長続きして資産も築けるということです。

〇金持ちが結婚相手に求める5つの要素

億万長者の結婚生活を支える配偶者の資質の上位5位は以下のようです。(原文まま)

・正直

・責任感がある

・情愛豊か

・有能

・協力的

また、多くの女性が気になるのではないかと思われる、億万長者が配偶者となる人の資質の中で最初に惹かれた点上位5位は以下のようです。(原文まま)

・知性的

・誠実

・明朗

・信頼できる

・情愛豊か

〇理想のパートナーを得るための理想の男性像

上に書いたような理想のパートナーを手に入れるために、必要な男性の条件は以下のような感じです。(原文まま)

・男は野心的で、しかも高収入を得る能力も併せ持っていなければならない

億万長者のパートナーになった女性の多くは、男性のこの部分を見極めているようです。結婚前から裕福かどうかは重要なポイントではないようです。

なお、結婚前から裕福かどうかに焦点を合わせてしまうと、やはり結婚生活はうまくいかないようです。

相手が金持ちの家庭かどうかより、相手自身が野心家で、高収入を得て、さらに資産を築いていける能力を持っているかどうかが重要なことなんでしょうね。

■関連記事

【関連記事】自由と孤独を尊重する自分が好きな女性の5つの特徴|1人の時間を確保したい

それでは、自分はどんな女性が好みなのか、思うところを書いてみました、よかったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 引用 http://kaihoudebut.jp/myself/love/3491/ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です