交通安全協会のメリットとデメリット|免許更新の時に必ず聞かれるけど

シェアはこちら

IMG_1428

5年に1回の免許更新の時に必ず聞かれるのが、交通安全協会の加入について。

「強制ではないですけど、どうします?」という聞かれ方をしますよね。5年で2500円程度なので、「まあ、特にデメリットなければいっか……」という感じで入りそうな額ですが、一方で交通安全協会加入のメリットって何だろう?という感じがします。

今回、この交通安全協会のメリットとデメリットについて、簡単に調べてみました。

スポンサーリンク

■結論

僕は今年免許更新だったんですが、交通安全協会には加入しませんでした。なんか2500円も払うのが少し抵抗があったので……。

【関連記事】免許更新に行ってきた|ちょっとだけ節約になる2つの話

結論からいって、交通安全協会に入らなくて、どうだったかといえば、入らなくて良かったです。

メリットを調べてみたら、全然大したことなかったからです。デメリットも特になかったのですが、それでも2500円払うことにデメリットを感じたのです。

■交通安全協会のメリット

交通安全協会のメリットについては、以下のような感じなのですが、正直どれも魅力を感じません。

・運転免許証のケース等がもらえる

その他、交通安全マップや違反点数一覧表、交通安全DVDなんかがもらえることもあるようですが、正直あまり必要ないですね……。

そりゃ無事故無違反を心がけますが、だからといって、これらが欲しいかどうかと言われると……

・各種割引

地域によっては、ホテルの割引や何らかの施設の割引になるような特典があるようです。SDカードと似たような効果ですね。

・チャイルドシートのレンタル

これはお子さんがいる方にはメリットに感じるかもしれません。ただ、実際に使い勝手の良いチャイルドシートを貸してもらえるかどうかまではわかりませんけど。

・交通事故入院見舞金制度

万一交通事故によって30日以上の入院治療を必要とする場合や40日以内に死亡した場合に3万円支払われます。

1ヶ月の入院を要するという条件があることから、あまり大きなメリットは感じません。

地域によって特典には差があると思いますが、だいたい共通するところはこんなところではないでしょうか?

どうでしょう?会員になりたいと思いますか?あまり思わないですよね……。まあ、5年で2500円という額を考えれば、特典はそんなもんかもしれませんが。

■交通安全協会のデメリット

協会加入のデメリットは、会費がかかること以外は特に考えられません。

ただし、協会に加入しないデメリットも、今のところあまり感じられません。入らないからって何か罰則があるわけでもないようです。

今は「強制ではないですが、どうします?」なんて遠慮がちに聞かれますが、昔は「入ってください!」と、いかにも入って当然のように迫ってきて、半ば強制的に加入させていたみたいです。

なので、メリットとデメリットをあまり把握せずに加入していた人が多く、多い時で加入率は8割を超えていたみたいです。しかし、この強制的な加入が問題となり、「どうします?」と聞くようになったことで、今では加入率は35%程度みたいです。

また、会費のほとんどは交通安全協会に勤めている天下りの給与に使われているという話も聞きます。これが本当だったら、ますます加入のメリットを感じませんね。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です