みずほ銀行の他行宛及びATM手数料を無料にする方法|みずほマイレージクラブ

シェアはこちら

7725914398_9b5b74a204

これまで節約関係の記事を書いてきた僕ですが、思わぬところで損をしていました。僕の持っている銀行口座の1つに、みずほ銀行があるのですが、コンビニATM手数料、及び他行宛振込手数料を無料にする方法があります。

これはみずほマイレージクラブの加入のことですが、僕はこれを今まで全然やっていませんでした。

今回、別の用事でみずほ銀行に行く用事があったのですが、その時になって、行員の人に案内されてようやく気付き、慌ててその場で加入しました。(インターネットからの申し込みも可能です)

今回、このみずほマイレージクラブについて、紹介してみようと思います。みずほ銀行の口座を持っている人で、まだ未加入の人はぜひ加入することをおすすめします。

スポンサーリンク

■加入条件など

〇クレジットカードを作る必要なし

みずほマイレージクラブというと、クレジットカードのことか?と思われる方もいるかもしれません。みずほマイレージクラブカードというものが存在するためです。

しかし、クレジットカードを作る必要はありません。なくてもマイレージクラブに加入することは可能です。

僕も楽天カードなど、既に他のクレジットカードを作っているし、みずほマイレージクラブカードには、いまの自分には、さほど魅力を感じなかったので加入しませんでした。

〇加入するのにお金かかるの?

かかりません!!0円です。なので、みずほ銀行の口座を持っている人は、加入しないのは損です。

〇預金残高10万円から加入できる

しかも、預金残高10万円以上であれば、加入することができます。詳しい加入条件と特典については、後述しますが、おそらく10万円くらいでは、ほとんどの口座保有者が対象になるのではないかと思います。

なお、後述するように、預金残高が50万円以上、500万円以上だと、特典のグレードが上がります。これを次に示していきたいと思います。

■特典内容

a0006_002645

〇預金残高10万円以上

預金残高10万円以上、もしくはみずほマイレージクラブカードを毎月利用している場合は、みずほ銀行はもちろん、イオン銀行ATM、コンビニATM手数料が無料になります。ただし、他行宛振込手数料無料の特典はありません。

〇預金残高50万円以上

預金残高50万円以上、もしくはみずほのNISA口座を持っている場合は、上の条件に加えて、月1回まで他行宛の振込手数料が無料になります。

〇預金残高500万円以上

預金残高が500万円以上、もしくはクレジットカード年間100万円以上利用、もしくはみずほ証券等の資産運用残高がある場合、もしくはみずほ銀行で住宅ローンやカードローン等の借金を抱えている場合は、他行宛振込手数料が月4回まで無料になります。

■対象のコンビニは?

結論からいくと、多くのよく行くコンビニが対象になります。

・EnetマークのあるコンビニATM

ファミリーマート、セーブオン、コミュニティストア、ポプラ、生活彩家、ヤマザキデイリーストア、セイコーマート(2016年3月現在)

・ローソンのATM

・セブン銀行、つまりセブンイレブンのATM

■【余談】実はあまりショックではなかった

自分は、実は上の銀行残高500万円以上に該当しているため、マイレージクラブのことを知ったときは、相当ショックを受けた……、と思いきや、さほどショックは受けませんでした。

というのも幸か不幸か、ほとんどみずほ銀行の口座からお金を引き出したりも、他行宛に振り込んだりも、全然していなかったんですよね。

ほとんどはクレジットカード払いだし、現金を引き出したり、振込みとかもゆうちょを使っていたんです。たぶんここ数年で、マイレージクラブ未加入による損失は、実はあまり大したことないです。

そうでなければ、今頃発狂するほど悔しがっていたでしょう。なお、僕がほとんどカード払いにしている理由については、以下の記事をご覧ください。

家計簿のチェックがめんどくさい人なんかは、クレジットカードを使うか、マネーフォワードのような家計簿アプリを使うことをおすすめします。

【関連記事】クレジットカードは節約のため使う?使わない?どっちが良いか検証してみた

【関連記事】【全PC&スマホ対応】挫折しない家計簿アプリで計画的に貯蓄しよう~

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です