なぜあなたは貯金や投資がめんどくさいと思ってしまうのか?

シェアはこちら

お金貯めるのがめんどくさい

資産を増やす方法は、収入を上げるだけではなく、支出を抑えて、さらに貯金を運用に回して運用利回りを得ることが大事だと、いろんな記事で書いてきました。

しかし、まだ貯金額も多くなく、投資もそんなにしていない人にこういう貯金とか投資とかいった話をすると、こういった答えが返ってくることがあります。

「めんどくさい」

個人的には「えーーーーーーーΣ(゚д゚lll)」という印象なのですが、たしかにこういう人は多い気がします。

個人的には、給料などの収入だけではなく、しっかりと支出を抑えて、少しずつ運用に回した方が効率よくお金を増やせる。

そうしないと一生お金に苦労することになり、定年まで会社に勤めないといけなくなるかもしれない。

僕はそっちの方がよっぽどめんどくさいと思うのですが、(というより生き地獄)

貯金や投資の方がめんどくさいという人の方が多いみたいです。

個人的には少し不思議ですが。

それでは、なぜ多くの人が貯金や投資がめんどくさいか、思うところを書いてみました。

スポンサーリンク

■すぐにお金は増えない

僕はこのブログを始めてからダイエット日記を書いていますが、一向に痩せません。

その一因として、2~3日で劇的に痩せるのが不可能ということを知っているからです。(←だめな奴www)

これはお金にも同じことが言えて、

楽に短期的に莫大なお金が手に入るようなことは、ほとんどないからです。

いや、実際は楽にお金を稼ぐ方法もあるにはあるのですが、同時に莫大なお金を失うリスクを伴うものがほとんどです。

言うまでもなく、知識のないままそういうギャンブルみたいなことは危険なのでやらない方が良いですよね。

そうなると、すぐにお金を増やすことは不可能になります。

貯金や投資を「めんどくさい」と言う人には、おそらくこういう心理が働いているのではないかと思われます。

「5年で2000万貯める」

「運用利回り8%で、資産が倍になるのは9年後」(←有名な72の法則です)

そんな話を聞くと、気が遠くなってしまうのです。

先が長い……。

もういいや……。

とりあえず今を楽しむことの方が大切だ。

そういって元の貯金もしない、投資もしない、そんな生活に逆戻りしてしまうのです。

■お金貯めてどうするの?

「そんな先のことは知らねえな」

お金を貯める目的がないと、どうしても長期的な目線に立って蓄財することができなくなります。

ダイエットだってそうだと思います。

女性がダイエットするのは、もっときれいになりたいからです。

ダイエット自体が目的ではないわけです。

お金も、貯めるのが目的ではなくて、貯めて何がしたいかによって、お金を貯めるモチベーションが決まってきます。

僕なんかはよく、

「そんなにお金貯めてどうするの?」

 

「何が楽しくて生きているの?」

なんてことを言われることありますが、

早期退職してフリーランスで執筆活動で生きていきたいからです。

そのためのセーフティネットとして貯金や投資があるわけです。

お金を貯めて、何がしたいかは、僕の夢リストをご覧ください

貯金や投資がめんどくさいという人は、どこか生き方が刹那的なんです。

将来やりたいことがない。会社しか居場所がないと思い込んじゃっている。

なかには、芸能人のように稼ぎ方が半端なくて、使い方が豪快な人もいるかもしれませんが、それはごく少数でしょう。

■お金は使えば回ってくるの勘違い

「若いうちは貯金なんかしなくていい。使えば使うほど入ってくる」

という人もいます。

これについては特段否定しませんが、

この意味を勘違いして好き放題お金を使っても、結局何も残らず、生活の破綻を招くだけです。

経済的な破綻は、いずれ精神の破綻に発展します。

これについては、別記事で詳しく書いていきたいと思います。

〇参考記事

【参考記事1】僕がお金を貯めるモチベーションを維持できた4つの理由

【参考記事2】貯金ゼロ!借金だらけ!浪費家の心理7個と対策方法

【参考記事3】なぜ日本人はお金の話をしたがらないと言われるのか?

【参考記事4】お金持ちになったら何をするかワクワクしながら妄想しよう

本記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

上記の参考記事も別の観点で関連したことが書いてあるので、良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です