持ち家が欲しい人がクリアすべき必須条件|買って後悔しないために

シェアはこちら

家の必須条件

人生で一番高い買い物と言われる持ち家の購入。持ち家か、賃貸か、今後の運命を大きく左右する選択です。

別の記事で書いた通り、賃貸と持ち家はどちらが金銭的に有利かはわかりません。しかし、賃貸と持ち家の大きな違いは、月々定額を支払うか、借金を背負ってまで一気にお金を支払ってしまうかの違いです。

後述するように、持ち家の購入を否定する気は全然ないですが、資産も充分にない状態で大きな借金を背負って莫大なお金を支払うのは、将来のライフプランに大きなリスクを伴います。

ローンの支払いに追いかけると、いつになっても運用に回すことができなくなります。家は超贅沢品です。贅沢品が欲しいなら給料から買うのではなく、資産から買うようにしないと、お金の奴隷として一生を終えることになりかねません。

持ち家の購入は、本来会社を辞めると時と同じくらい勇気のいる決断です。でもなぜかみんな、会社を辞めるのは怖がるのに、持ち家は「あ、買っちゃった」とノリで買っちゃう人が多いんですよね。

言うまでもなく将来的に会社を辞めて早期リタイアを目指すのであれば、持ち家の購入はタブーです。贅沢品にお金を使う前に、資産運用を優先させ、堅実に資産を増やしていくのが大前提です。

とはいっても、やはり持ち家に憧れを持つ人は多いです。これは人間の本能的な縄張り意識によるものと考えられます。

自由の欲求の強い自分には正直理解しがたい部分もありますが、持ち家が欲しいという本能的な願望が強い人もいるので、それを否定してまで「家なんて買うな」なんてことは言えません。

賃貸も持ち家も、結局はどちらが幸せか、ということで決まってくるので。

とは言っても、持ち家の購入には、クリアすべき必須条件というのが発生します。これをクリアしないで家を買ってしまうと、先に書いたように一生お金の奴隷として、自分の夢を叶えるようなこともなく一生を終えることになってしまいます。

マイホームが夢という人も多いと思いますが、夢の残骸に呆然とし、せっかく買った家を見るのも嫌になってしまった。そんなことが起きないようにどうすればいいか、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

〇充分に資産を築いてからキャッシュで買う

実はこの辺については別記事で書いているのですが、ようは先に書いたように支払いと蓄財の順番を逆にしよう、ということです。

家を買って経済的に苦労して、一生不自由な思いをするのは、充分な資産がないまま、身の丈に合わない買い物をしてしまうからです。

家が欲しい人が考えることは、基本的に早く会社を辞めたい人と考えることは一緒です。

収入を増大させ、無駄な支出を削減し、資産運用する。この原則に基づいて堅実に資産を貯めていく。

不思議なことに浪費癖が人並み以上にある人ほど家を買ってしまう傾向にあります。経済的に不自由することは非常に生き辛いことです。

大きな出費を伴うのは持ち家の購入だけではありません。養育費だってありますし、人によっては両親の介護にお金がかかる人もいるでしょう。

こういったお金の支払いに苦労しないためにも、早い時期から堅実に資産運用するのが必須となってきます。

できれば、資産を貯めてキャッシュで購入すれば金利を支払わなくて良くなります。

大きな買い物は給料ではなく資産から買う。持ち家の購入でこの原則を忘れてはいけないでしょう。

〇投資の利回りで借金を返済

でも、キャッシュで家を買える人以外は家を買えないか、と言われるとそうでもないです。

見出しでもうわかったかもしれないですが、敢えて頭金を抑えて、出来ればフルローンで家を買って、ローンの支払いを投資の利益から支払うのです。

支払いをわざと遅らせて、その前に資産運用を優先させ、その利回りで借金を返済していけば、住宅購入による痛手を抑えることができます。

これは賃貸にも同じことが言えますね。投資の利益で家賃を支払うようにすれば、それだけお金の苦労がなくなります。

資産を築いてキャッシュを買うも良し、お金がないなら投資を優先させて敢えて多額の借金するのも良し。やってはいけないのは、お金もない、投資もしてないのに家を買ってしまうことです。

〇共働き世帯であることが必須

専業主婦は究極の贅沢品という言葉がありますが、共働き世帯と比較して、専業主婦(主夫)世帯の相対的損失は2億円以上と言われています。持ち家より断然高いです。

昔の日本の家庭の多くが「専業主婦世帯で一軒家」だったので違和感を覚えにくいですが、専業主婦世帯はどうしても共働き世帯より生活が苦しくなるので、家を買うのも、子供を育てるのも、老後の生活もかなり厳しくなります。早期リタイアなんて夢のまた夢でしょう。

専業主婦世帯であれば、家の購入は諦めた方が賢明でしょう。もし、専業主婦の奥さんが「家が欲しい」と言ったら、働くように説得することが必要だと思います。

共働き世帯が専業主婦世帯を上回って長い年月が経過していますが、それでも専業主婦家庭というのは意外と多いです。

でも、老後や養育費に苦労したくないのなら、共働きにして、複数収入源を確保しておいた方が良いでしょう。

〇副業する

繰り返しますが、家を買うことと、早期リタイアを目指すことは、基本的な方法は一緒です。

そう考えれば副業するのも有効な方法の1つです。

よくテレビで、例えばアフィリエイトで大成功を収めて豪邸を買った人がバラエティー番組で特集されていたりしますが、

このように自分の好きなことの範囲で、しかもずっと労働ではなく、放置しても収入が入ってくるようなものを目指して、うまくいけば経済的に不自由することはなくなるでしょう。

このように、副業で稼ぐというのも方法の1つですが、それでも支出を抑えて資産運用するというのが住宅購入の原則であることは変わりません。

収入が増えても、支出は増やさない。大きな買い物したり、会社を早く辞めたいのであれば、この原則は外せませんね。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です