詐欺事件の裁判で勝訴してもお金が戻ってこないのは本当か?

シェアはこちら

saiban投資詐欺や情報商材詐欺に遭ったという体験談を結構聞きます。しかし、裁判で勝訴してお金を取り戻したという話は聞いたことがありません。

また、裁判で勝訴してもお金は戻ってこないという話を多く聞きます。これは本当なのでしょうか?今回はその変について、軽く触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

■お金は返ってこない

裁判官の役割は、詐欺事件が有罪かどうかを裁くためにあり、お金は取り立ててはくれません。

おそらく被告人はその場で「ちゃんとお金を返します」とか言っても、返してはくれず、そのままどっかに消えるでしょう。

また、「〇〇で使い果たしてしまって、返済能力がありません」とか言って逃げてしまう可能性もあります。

どちらにしろ、お金は返ってきません。裁判官が代わりにお金を取り立てることはできません。

100万円だろうが1億円だろうが、それは変わらないので、泣き寝入りするしかないのです。

よほど改心しない限り、被告人はお金を返すようなことはしないでしょうね。そして、被告人はあの手この手で同じことを繰り返すでしょう。

人にお金を渡したら最後、絶対に返ってこないと言っていいでしょう。

■詐欺に合わないことが大事

投資詐欺については、とにかく詐欺に合わないことが大事です。最後に投資詐欺関連の関連記事を載せていますので、参考にご覧ください。

情報商材詐欺については、詳しいことはわかりません。ただ、どう考えても怪しいLPなんかは、いまだに見かけますね。

稼げるようにサポートすると言いながら、本を1冊渡しただけとか、そういう話もよく聞きます。詐欺に合わないようにするには、信頼する人の紹介に頼るといった方法なんかが有効だと思います。

■投資詐欺関連記事

【関連記事】【超厳重注意!!】投資詐欺の手口|こんな案件は怪しいです

【関連記事】FX投資ファンドの詐欺商材は厳重注意!!まともな話は聞いたことなし!!

【関連記事】【投資詐欺情報】FXの自動売買ソフトの案件は厳重注意!

【関連記事】全世界で使える電子マネーを謳った投資詐欺に気を付けよう

【関連記事】【投資詐欺の見分け方】鉄は熱いうちに絶対打つな!冷めるまで待て!

ということで、投資詐欺に遭うと、まずお金は返ってきませんから、詐欺に合わないように気をつけることが大切です。

とはいっても、投資詐欺の話は身近にもゴロゴロありました。実際にお金を失った人もいますし、「この人はたぶんお金を失うだろうな」という人もいます。

情報を得ることは大事ですが、間違った情報も多いので、より的確に正しい情報をつかめるようにすることが大事です。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です