お金は稼ぎ方だけではなく守り方も同時に覚えないと人生疲れます

シェアはこちら

couple_kakeiお金はどうやって稼ぐか、と問われたとき、皆さんはどう答えるでしょうか?おそらく「働いて給料を稼ぐ」(労働収入)とか「ビジネスオーナーになって、勝手にお金が入ってくる」(不労所得)と答えるのではないでしょうか。なかには「印税を稼ぐ」とか「ブログで稼ぐ」という人もいるでしょう。

じゃあ、お金はどうやって増やしますか?と問われたとき、皆さんはどう答えるでしょうか?「同じこと聞くな」と思いましたか?もし、そう思った人は貯蓄できているでしょうか?

お金を稼ぐことは、お金を増やすことの手段の1つでしかありません。お金を増やすために必要なのはもう1つ、お金の守り方です。

お金を守るという意識がないと、どんなに高収入でもお金は貯まりません。実際に、年収1000万円でも家計破綻寸前なんて話は最近よく聞きます。

稼いでも稼いでもお金が残らない。皆さんはどう感じるでしょうか?おそらく人生に疲れてしまうのではないでしょうか?

スポンサーリンク

■資産形成の計算式

「資産形成=収入-支出+資産×運用利回り」という、大事な計算式があります。投資家であれば、おそらく1回は聞いたことがある計算式ではないかと思います。

【関連記事】【自由が欲しい人必見】お金持ちになるための方程式を一挙公開~

お金の増やし方は、この計算式ですべて語られます。お金を稼ぐというのは、右辺の第一項の「収入」の部分です。

多くの自己啓発書は、このお金を稼ぐことにフォーカスしていますし、なかには「自分のためにお金を使おう」とか「お金は使えば使うほど回ってくる」なんて書いている本もありますが、勘違いして湯水のようにお金を使ってしまう人がいます。

これではお金は絶対に貯まりません。「お金なんて使わなければただの紙くずじゃん」と思う人もいると思います。たしかにお金は使わなければただ紙くずです。

でも、それでも貯蓄することは重要です。自分の未来に必要となるお金は、すぐに作れないからです。すぐに3000万円用意しようとしたって、できませんよね。

日頃からお金を貯めるようにしなければ、絶対に経済的自由を得ることはできません。お金は自由のためにあります。自由を得るためには、資産形成の計算式の第二項と第三項が必須です。

■お金を働かすのは楽だ

お金を増やすことに必要なのは、高収入を得ることではないです。収入よりはるかに低い支出で生活し、残りは資産運用に充てることです。自己投資も大事ですが、お金にも働かせましょう。

お金を働かすのは、少なくとも人を働かすよりは全然楽です。ストレスも溜まりません。資産の置き場所を変えるだけだからです。現金を株や不動産に変えて、あとは待つだけです。複利の効果は、時間をかけてじっくりと育てていきます。

お金を働かすのは、手間は全然かかりません。調べることに手間はかけた方がいいですが。

■精神的余裕

自分はそんなに高給取りではありませんが、何とか投資とかしながら、マイホームをキャッシュで買ってもお釣りが出るくらいまでになりました。マイホームは意地でも買う気はないですが。

こうやってお金が貯まるとどうなるでしょう。精神的な余裕が生まれます。この精神的な余裕は、結構重要だと思っています。

【関連記事】お金が貯まると精神的余裕が生まれてくる|貯蓄は心も満たす

低収入でも、積立投資等で強制的に貯蓄するようにすれば、老後の生活費や子どもの教育費、早期退職といった課題に耐えることができます。

特に早期退職してフリーランスになる人は、ぜひお金をコツコツと貯めるようにしたいところです。ただでさえ会社を辞めるときは突然不安が襲ってきたりするので。

どうしても会社を辞めた直後は若干収入が落ち込むと思います。自分も今の状況から考えれば、相当落ち込みます。なので、それなりに貯蓄でショックを吸収することが必要になります。

お金が貯まることで、会社を辞めたいマインドも育てることもできるのです。結局、お金はあればあるほど選択肢が増えます。人生において、選択肢が多いことはとても大事なのです。

そうそう使い切れないくらいのお金は貯まりませんから、毎月一定額を貯金&投資する姿勢は必須なのです。

「お金は墓場まで持っていけない」というセリフは、5億とか10億とか、一生かかっても使い切れないような貯蓄額になってから言うようにしたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です