禁煙の体験談とその効果|お金かけてまで健康を破壊するのは超無駄

シェアはこちら

LOK_kuchitatabakonokanban-thumb-1000xauto-13788

僕は3年ぐらい前までタバコを吸っていました。

ヘビースモーカーというわけではないですが、1日1箱ぐらいは吸っていました。

そんな僕ですが、3年前にタバコを辞めました。

最初は誘惑に負けて、禁煙に時間がかかりましたが、最終的に禁煙に成功することができました。

なぜ、自分が禁煙に成功することができたか、その体験談を簡単にシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

■お金の無駄だと思って辞めようと思った

僕がタバコを吸い始めたのは、大学を卒業し、大学院に進んだあたりでしょうか。

大学のときは部活(スケート)をやっていたので、とてもじゃないけどタバコを吸うなんてことは考えられませんでした。持久力では致命的なので。

しかし、部活を引退したことで、緊張の糸が切れたように、暴飲暴食に走り、タバコをプカプカ吸うようになってしまったんです。

アスリート体型からデブ体型に移行し、タバコも吸って持久力も低下、あっという間にアスリートだった頃の面影はなくなりました。

その後約10年吸い続けたのですが、10年も吸い続けてきたタバコをなぜ辞めることができたのか、それはタバコに対する見方が変わったからです。

3年前というと、お金の勉強に真剣に取り組み始めた頃です。たしか出張帰りにお金や投資の勉強会に来ていた時だったと思います。

懇親会の時に、何気なくタバコを吸っていたら、

「タバコは金の無駄だよ~」みたいなことが話題になりました。

タバコ1箱を毎日吸い続けていれば、年間15万円ほどの損失、10年で150万円ほどの損失と、誰かが冷静に計算していたんです。

 

早くお金を貯めて自由人になることを目指していた僕は、その話を聞いて、妙に恐ろしくなりました。たしかに計算すれば、最低でも1ヶ月1万円くらいの支出になってしまいます。

「おれはなんて無駄なことをしていたんだろう~」

そう思った僕は、「おれ、タバコ辞める」と宣言したんです。そして、目の前にあるタバコを、たしかゴミ箱に捨てたか、捨てられたかしました。

その時、頭の中で、タバコを吸い続けたら早期リタイアが遠のくと強く感じたんでしょうね。その日から、本当に喫煙を目指し始めました。

■職場のタバコ部屋に行くのを辞めた

最初は誘惑に負けてしまい、コンビニでタバコを買ってしまったりしていました。やばい、このままでは挫折すると思い、まずは職場のタバコ部屋に行くのを辞めることから始めました。

仕事時間中はタバコを吸わないようにしたんです。これ、意外とどうにかなりました。

タバコ吸いながら、誰かと世間話するとか、正直あまり得意じゃなかったんですよね。何か、気を使っているような気がして。

それを我慢してでもタバコを吸っていたんですよ。でも、まずは職場でタバコを辞めることで、気を使って世間話するストレスがなくなりました。

■そしてプライベートの場でも辞める

こうなると、だんだん禁煙の習慣が身についてきます。職場内でタバコを吸わずに済むようになったのだから、プライベートでもタバコを吸わないことに成功するのは時間の問題でした。

よくタバコは、「徐々に減らすのではなく、いきなりスパっと辞めた方がいい」なんてことを聞きますが、自分の場合、徐々に減らしていくことで、そんなに問題はなかったです。

でも、時間はかかりました。出張中とかだと、たまに吸ってしまっていたので。実はきっちり辞めるまでに半年くらいかかったような気がします。

でも、結果として、完全に辞めることができました。今でも酒飲んでいると吸いたくなることありますけどね。

■辞めることで何が得られるか

タバコを辞めるだけではなく、食べ過ぎを抑える、晩酌を減らす、会社を辞めるでも何でもそうですが、辞めることで何が得られるか、ということに焦点を置くのは、結構重要なことと思いました。

自分の場合は、お金をどんどん貯めて早期リタイアするという目標があるので、少しでも浪費を減らしたいという思いが強かったです。

だからタバコを健康の観点ではなく、お金にフォーカスすることで辞められたんですよね。たぶん健康にフォーカスしたままでは辞めることができなかったと思います。

改めて、自分がどうなりたいか(ビジョン)、そのために何が必要か(目標・計画)ということを考えるのが重要だと思いました。

■関連記事

【関連記事】禁煙で貯金できるか?禁煙のメリットをお金の観点から考える

タバコが健康だけではなく、お金もいかに無駄にしてしまうか、実際に定量的に計算してみたのがこの記事です。

お金を貯めたい喫煙者の方、この記事を見ればタバコを辞めたくなるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です