お金と健康あなたはどっちを選びますか?両方手に入れるために

シェアはこちら

お金と健康どっち

以前、お金と時間どっちを選ぶかについて記事を書きましたが、今回はお金と健康どっちを選ぶかについてです。

お金も時間も健康も手に入れる方法については別記事で書きましたが、「当たり前だろ!!」と怒られそうなくらい、これは非常に単純明快なことでした。

お金と健康どちらを選ぶかというと、だいたいは節約するか健康促進を選ぶかに言い換えることができると思うので、その観点で書いていきたいと思います。

〇→これは良いと思います

△→微妙だと思います

×→NG行動と思います

スポンサーリンク

×カップラーメン

お金を貯めるために食費を削る悪い例の代表的なところです。

いくら身近にある安い食べ物と言っても、カップラーメンを頻繁に食べているようでは、いずれ健康を破壊してしまうかもしれません。そうなれば無駄に治療費をかけてしまうことになります。

でも、たまにカップラにポテチに缶ビール1杯とか、こういうジャンキーなことしたくなるんですよね~。体に悪そうな食べ物ほど中毒性が高いのはなんでだろう?

〇近くのスーパーで夕食を買う

この記事の意図に反して、お金も健康も両方得られる方法が、近くのスーパーで夕食を買うことです。

だいたい想像が付くかもしれませんが、閉店間際の時間になると惣菜が半額になったりするので、安価でバランスの良い食事を摂りやすくなります。

ただ、安さにこだわりすぎて、あまり食事の時間が遅くならないようにしたいところです。寝る3時間以内に何か食べると太りやすくなったり安眠を妨げたりします。

△サプリメント

これはお金の節約よりも健康への投資を優先している例です。健康や美容の管理を徹底するなら、サプリメント等の栄養補助食品を摂取している人も多いと思いますが、

食生活が暴飲暴食では効果がないと思います。節制して始めて効果が出るように思います。

また、何かサプリメントとか使いたいと感じるのであれば、A8.netのセルフバックとかで、実質1ヶ月分が無料だったり、安く買えることもあるので、お金が気になるなら、それを試してみるのもありです。

×ルームランナー

ランニングがブームになって長いので、あまり見なくなった光景ですが、やはりジムに通ってルームランナーで黙々と走ったりしているよりは、

外に出て走ったりウオーキングする方が、精神的にも健康になります。それに経済的です。ランニングやウオーキングがメンタルヘルスにも効果があるのは別記事を参照してください♪

〇泳ぐ

泳ぐのは結構楽しいかもしれませんね。最近全然プールに入っていませんが。プールに通うだけなら、そんなに金はかからないし、良い運動になると思います。結構手頃にできるし。

海が好きなら、海に行ったほうが心身ともにリフレッシュできると思います。

×ファーストフード

上に書いてあるカップラーメンと同じ理由でダメだと思います。時間とお金の節約でつい、ファーストフードのお店で朝食や昼食を済ませてしまいがちですが、やはりこれも頻繁だと健康を破壊してしまいます。

職場の近くで、安くてヘルシーな食事を出すカフェや食堂があれば、そこに通うのが良いと思います。実際、そういうところ、結構増えているような気がします。

〇野菜スープとスムージー

そんなにお金をかけなくても良いダイエット方法として、結構自分の周りでブームになっていました。

スイーツ好きの人や果物好きな人ならスムージー、そうではなくて、美味しいスープとかに目がないのであれば野菜スープが良いと思います。

〇ランニングシューズ

ランニングやウオーキングで、お金のかかるのは靴とウエアーぐらいです。ここはそんなに節約するところではないかと思うので、思い切って買っちゃって良いと思います。

〇会社の食堂

会社員であれば、企業によると思いますが、安くてバランスの良い食事をしたいなら選択肢の1つです。

ただ、ずっと会社の中で働いていて、昼食や夕食まで会社で過ごすのが、果たしてメンタルヘルスに良いかどうか疑問はあります。たまには外で食事しても良いかなと思います。

〇節約のために健康を犠牲にする必要はない

こう書いてみると、そんなにお金を投じなくても長期的な健康は手に入りそうな気がします。節約のためにカップラーメンやファーストフードを多用しなくとも、安くバランスの取れた食事を摂る方法は結構出てくるし、

適度な運動で健康を保つにも、ランニングやウオーキングであればそんなにお金もかからないし、メンタルヘルスにも有効だったりします。

健康や美容が気になる人は、まずはお金のかからないところから工夫してみるのが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です