テンションが高いと痩せることができる|ワクワクする習慣を身に付ける

シェアはこちら

pak0i9a4778_tp_v

ファスティングで、半年で20kg近く痩せることができました。現在はファスティングをやっていませんが、方法が良かったのか、リバウンドなく体重を維持できています。

それどころか、最近「また痩せた?」と言われます。あまり意識してなかったのですが、たしかに体重を測ったら痩せていました。

なぜだろうか?思い当たることを考えたら、最近テンションが高い日が多いんです。テンションが高い状態が続いて、逆に食事量が増えないので痩せることができたような気がします。

ワクワクすると痩せることができる。本当にそうなのでしょうか?思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■ワクワクすると食事量が落ちる?

精神的に状態がいいと、逆に太りやすいと思っていました。自分の場合、ストレスが強くなると痩せる傾向があったんです。

しかし、その状態でストレスが低減すると反動で食べすぎたりして、なかなか体重を落とすことができませんでした。

【関連記事】ストレスと肥満の関係は何なのか?自分の経験談で考えてみた

ストレスが低減するということは、精神的に落ち着いている状態で、大事な状態とは思いますが、悪く言うと精神的にフラットな状態で、食べ物とかなんでも受け付けてしまうんです。

なので、自制心がないと太りやすくなってしまいます。これはストレスの反動なので、ストレスのない状態を作ることが大事なのかもしれません。

しかし、いまの状態は、どこか精神的に落ち着いている状態とは、また少し違う状態です。むしろ、テンションが高くてワクワクしている状態です。

いま、とあることにチャレンジしているのですが、これがかなりワクワクしている状態。変にテンションが高いんです。

ブログを書いている時とは、また違います。ブログとかは、逆にこのようなテンションでは書きづらいものです。ブログをどんどん書けるときは、比較的精神的にフラットな状態です。

いまのこの状態は、なんていうかなあ、小説を書いているときの状態に近い。ヤマ場になるようなシーンですね。恋愛のシーンを書いている時も、このような状態になりやすい。

小説はブログと違って長丁場になりますから、ある程度感情の波が必要だったりします。フラットなままでは、なかなか思いつかない。

で、この状態は不思議と食欲が沸いてこない。食べなくても平気だったんだりするんです。実際に今日は晩ご飯は食べていませんし。

気分が良いのに、どういうわけかそんなに食べたいと思わないんです。必要最低限の食事はしていますが、明らかに食事量が減りました。

先日も、とある交流会があったんですが、あまり食べ物には手を付けていませんでした。このワクワクな状態は、ダイエットのチャンスですね。

■ワクワクする習慣を身に付ける

単純に言えば、感情の起伏が大きい時は、あまり食が進みません。だからといって、イライラしたり落ち込んだりするような状態は当然避けたいものです。前述したとおり、反動で食べてしまいやすくなるし。

しかし、ワクワクする習慣は、その反動で食べ過ぎるようなことがほとんどない。ワクワクする状態から落ち着いても、食べ過ぎるようなことがほとんどない。

だから最近「また痩せた?」なんてことを言われるのだと思います。実際に体重が落ちていますし。

大事なことはなるべくワクワクする習慣を身につけることですね。心から楽しむことができることを多く見つける。

仕事でもプライベートでも、どうしようもなく興奮してしょうがないことを見つけていくのです。

精神的に健康になるのはもちろんですが、これで体重が増えたり、逆に減りすぎるようなことがないのです。なので、今度は別記事でワクワクする習慣の見つけ方について書いていきたいと思います。

■関連記事

【関連記事】半年で20kg弱!ファスティングダイエットに関する記事まとめ

自分がファスティングで痩せていく経過をまとめた記事です。なるべくみんなに役に立つような記事にしています。良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です