断食して2週間経過したけど見た目はどう変わっただろうか?

シェアはこちら

P1020522_TP_V

ついに断食して2週間が過ぎました。断食期間がこのくらいの期間になってくると、周りから「大丈夫?」なんてことをよく聞かれます。

Twitterでもファスティングについて呟いたりすると、「大丈夫?」「フラフラしない?」という心配の声が上がってきます。

自分も2週間の断食なんて未知の世界でしたが、いまのところ至って健康です。

むしろ、断食前よりも体調は良いです。まあ、そんなに健康に興味はないんですけどね。

とりあえず、断食2週間の現状報告と、写真を出せないのがもどかしいですが、見た目がどう変わっていったかについて簡単に触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

■経過報告

初めて自分のブログを見る方の方が多いと思うので、11月のファスティング前の状態からシェアしていきたいと思います。

他のファスティング関連の記事も良かったらご覧くださいね。

11月デトックスプログラム開始前87.1kg

11月デトックスプログラム回復期間終了79.6kg

※11月のデトックスプログラムは準備期間、ファスティング、回復期間ともに1週間ずつ

 

1月デトックスプログラム開始前80.5kg

現在断食2週間後73.4kg

※今回は準備期間2週間、ファスティング3週間、回復期間1週間

つまり、年明けて7kg減、11月から3ヶ月で14kg減という、信じられないような嬉しいペースで体重が落ちています。

まあ、何も食べていないのだから当たり前かもしれませんが、断食がこんなにも無理なくできて、しかも早く体重が落とせるとは思ってもみませんでした。

あと1週間断食して、回復期間でリバウンドに気をつけることですね。

■見た目はどう変わったか?

ビフォーアフター写真を出せないのが残念で仕方ないのですが、とりあえず、今のところ変わったなあ、と思ったのは以下の部分です。全体的に体が小さくなっています。

・首周りがどんどん細くなっていく

・顔が小さくなってきた

・ウエストが11月106cm⇒現在90cm

・お腹が凹んできた

なので、太ってしまったがゆえに着れなくなったジャケットがまた着れるようになったり、逆に太ってから買った服が使い物にならなくなったりしています。

ここまで体重が変動すると、どうしても着れなくなる服が出てきてしまいます。

■人に会うのが楽しみに

ここまで痩せると、どういうことが起きるか。外に出て人に会うのが楽しみになってきます。

絶対に「痩せたね~」「どうしたの?」と言われるからです。

特に今日は久しぶりに会う人が多いですから、たぶんそういう反応が得られるでしょう。Facebookに投稿しても反響大きそうですし。

断食期間中は、どうしても外食できないので部屋にこもりがちになりますが、人と会うのは楽しみになります。

人に会うのが楽しみ、ってすごい前向きな気持ちですね。

こういったことからセルフイメージって形成されていくのかもしれませんね。

健康には興味ないから、体の細かい成分についてはシェアしませんが、今回デトックスプログラムに取り組んだ理由はセルフイメージの向上と心身のデトックス、断捨離。本来の目的が少しずつ叶えられていくような気がしています。

【まとめ記事】半年で20kg弱!ファスティングダイエットに関する記事まとめ

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です