断食のデメリットとは?ファスティング13日目で思うこと

シェアはこちら

MIYA160101530053_TP_V

長期のデトックスプログラム、ついにファスティング期間も13日目、もうすぐ開始してちょうど2週間になります。

11月は1週間で終了だったので、完全に未知の領域に入っていますが、結構自然体で取り組めていることにびっくりです。

自分だけでなく、最近周囲でも断食をやる人が多くなってきました。心のデトックス効果も大きいし、無理なく大きく痩せることができるので、一時期のブームでは終わらないと思っています。

今のところ、フル断食をやってきて、メリットしか書いてきませんでした。期待できる効果で、個人的に効果がなかったことは素直にシェアしていますが、デメリットについてはちゃんと話していなかったように思います。

ということで、今回は断食のデメリットについて、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■リバウンドのリスクは大丈夫なのか?

断食でよく心配されるのがリバウンドのリスクだと思います。

ずっと食べたい気持ちを抑えながら、固形物をいっさい取らずに何日も暮らすのですから、終了したときは解放感でドカ食いしてしまいそうですが、そうなれば確実にリバウンドして、すぐに元の体重に戻ると思います。

しかし、デトックスプログラムは通常、フル断食の前に準備期間、後に回復期間というのが設けられていると思います。

回復期間中は、徐々に通常の食事に戻していくパターンです。回復期間初日は、原則として具なし味噌汁しか飲んじゃだめと言われました。

え、やっと断食終わったと思ったら、これでは断食と変わらんじゃん……。

2日目は豆腐の味噌汁、3日目以降から野菜中心の通常の食事に戻していくという感じです。1日2~3食になるのは、断食終了後、だいたい5~7日という感じで、徐々に戻していきます。

こうすれば、リバウンドの危険性はだいぶ抑えられるのではないかと思います。デトックスプログラムの全工程を終了した後、胃はどうなっているかというと、少し小さくなっています。⇒詳細はこちら

なので、デトックスから解放されていた12月~年明けは、若干の正月太りはあったものの、大きなリバウンドはありませんでした。

「食べても幸せになれないよ」という、断食中に得たメッセージが心の中に残っていて、それが食欲にブレーキをかけている感じです。

■じゃあ断食のデメリットは?

それでは、断食のデメリットは全然ないのか?そう言われると決してそんなことはないです。特に断食期間中のデメリットはそれなりに出てきます。

〇好転反応

特に断食後2日目以降でしょうか、断食はダイエットだけではなくて心身のデトックス効果も期待できるため、それなりに好転反応が出てくるようです。

例えば、トレーナーさんが言うにはだるさ、ふらつき、頭痛、舌苔といった感じです。たしかに心身の疲労やストレスには敏感になってきたような気がします。

それと、自分の場合は筋肉がつりやすくなりました。いまはなくなりましたが、不思議なことに腹筋がつっていました。普段こんなところつったりなんかしないんですが……。

それに一時期、腰痛がありました。学生時代スケートをやっていて腰痛になりかけたことがあるのですが、そこと同じような感覚で痛かったです。スケート引退して、もう10年以上経っているのに……。

自分の好転反応はそれぐらいでしたが、好転反応が気になるようなら、極力パワーを落として早寝早起きを心がけるくらいで良いと思います。

〇グルメ記事が書けない

フル断食期間中は、何も食べられないわけですから、外食の新規開拓もできません。つまり、この期間はグルメ記事が全然書けないんです。

そういうときに限って、こちらの記事が昨日夜、日付が変わる直前から急激にアクセスを伸ばしていました。

【関連記事】青森市で有名な激辛ラーメン「あさ利」のねぎラーメンに挑戦!

ちょっと調べてみたら、スマステで取り上げられていたらしく、おそらくその影響でしょう。

このように、グルメ記事もテレビで取り上げられて、急激にアクセスを伸ばすことがあったりします。

で、何より、グルメレポは普段と違う脳みそを使うのか、書いていて楽しい。それができないのが結構もどかしい。

で、よりによって断食中にグルメ記事がアクセス伸ばしている。これはちょっと複雑な気持ちです。

〇引きこもりがちになる

外食することもできないし、飲み会の参加もできない。ここ1ヶ月、会社の飲み会に全然参加していません。

だって、おいしそうな料理が出てきていて、みんながお酒飲んでいて、自分だけ水だけで済ます(←カフェイン禁止なので、烏龍茶もだめ!)なんて、どう考えても耐えられません。

飲み会に出られないとなると、休日の夜に開かれるセミナーとか勉強会の参加にも消極的になりますし、外出して図書館やカフェでブログを書こうという気もなくなります。食べ物の誘惑に駆られるのが怖いんですよね。

ということで、必然的に部屋にこもる時間が長くなります。外に出る時間といえば、朝のウォーキングくらいでしょうか。

まあ、副業ブロガーで、部屋にこもってこなさないといけないタスクが多いので、ちょうど良い感じですけどね。

よく「たまにはいつもと違った場所に行ってみよう」なんてことが自己啓発書に書いてあったりしますが、それが多すぎてもだめで、引きこもりと出かけるバランスがすごい大切だなと、断食しながら思うようになりました。

【まとめ記事】半年で20kg弱!ファスティングダイエットに関する記事まとめ

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です