3週間の断食の途中経過報告|準備期間含めて5kg痩せました

シェアはこちら

photo-1444059965852-405276258481

2016年になって早速取り入れたデトックスプラグラム。

今回は2週間の準備期間→3週間の断食→1週間の回復期間という、かなり長いプログラムです。

一気にメタボ体型からさよならして、心のデトックスも図ろうというのが目的です。体質改善できれば自己肯定感も上がって、今後セミナー講師やコンサルとかする場合に自信持ってできるようになりますからね。

で、今どの状態にあるかというと、3週間の断食の途中で、ちょうど1週間が終わったところです。

11月のデトックスがちょうど1週間の断食だったので、ここで途中経過したいと思います。

スポンサーリンク

■準備期間含めて5kg減

今回、断食期間が3週間ということで、準備期間も長めの2週間。準備期間は主に1日1食です。1日1食を長期間取り入れるだけでも、結構痩せる人も多いと思います。→詳細はこちら。

とりあえず、この準備期間を含めた途中経過は、以下のような感じです。

2週間の準備期間:80.5kg→78.7kg

断食1週間後:78.7kg→75.2kg

まだ断食期間を2週間残していますが、既に5kg減に成功しています。ちなみに、11月のデトックス前が87kgですから、全部で12kgの減量に成功しています。こんな短期間に10kg以上痩せたのは初めての経験です。

ここまで来ると、もういいや。満足だ、という気持ちももたげてきますが、当面の目標は70kgを切るところまで落とすことですから、引き続き断食していきます。

結果としてどこまで体重を落とせるか、かなり楽しみです。

■1週間断食してみて

11月に1週間の断食したときは、特に最初の3日間は、早く好物の辛い食べ物や脂っこい食べ物、カレーやラーメンなどの炭水化物を食べたい気持ちがあったのですが、途中からだんだんその衝動も消えて行きました。

今回も似たような感じで、3日目以降は、心理的にも落ち着いて断食ができるようになってきました。

ストレスから解放されやすい金曜~土曜日なんかは特に食べたくなるかと思ったのですが、案外そうでもなく。

頭の中にラーメンやチャーハンが浮かんできたりしますが、その頻度もだんだん消えてきたかな、という感じです。

11月のデトックスにも感じたことですが、断食は慣れですね。脳も空腹に慣れてきます。

■味覚は変わりそうか

よく断食すると、味覚が変わるとか、体に悪そうなファーストフードが食べられなくなるなんてことをよく聞きます。

で、実際にそういう人もいるみたいですが、前回のデトックスでは、全然そんなことはありませんでした。カップラーメンもたまに食べると全然美味しいし、コンビニ弁当も全然いけます。なるべく控えていましたが。

胃は小さくなったかもしれませんが、基本的に食べ物の好みは変わらず。残り2週間の断食でどうなるかわかりませんが、今回もここは期待できないかもしれません。

■精神的効果はどうか?

前回のデトックスでは、「別に好きなものを好きなだけ食べても幸せになれない」ということに気付いた効果がありますが、今のところ、似たような心境です。→主な精神的効果はこちら

現段階で5kg痩せることできたけど、とりあえず辞めずにあと2週間頑張ってみるか、というのも、こういう心境にあるから言えることかもしれません。

なので、「無理に頑張るぞ」という感じではなく、今断食を打ち切って食べだしても、今後幸せにはならないと思うと、自然と食べる気がなくなる感じです。

なので、熱心にダイエットに取り組んでいるというか、どこか冷めた視点も入っている感じです。どうせ食べたって……、みたいな。良く言えば自然体でダイエットに取り組めている感じ。

もう1週間何も固形物を入れていないのに、何とも不思議な心境です。

■ストレスに敏感になったかも

今回、心のデトックスの効果も求めていますが、これまでの心理的な効果は上記の食に関する価値観が変わったことぐらいでした。

しかし、今回なんとなく感じるのが、ストレスに敏感になってきたような感じがします。

たくさん好きなものを食べることで、一時的に多幸感を得られてストレスを発散できたりするのですが、今回はそれができなくなっている。

「え、それやばいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、これが結構大事な気がしています。

というのも、過食によるストレス発散は、結局瞬間的なもので、結局また元に戻ってしまうんですよね。結局、事態は何も変わらない。

根本的な問題が過ぎ去らない限り、心理的なストレスは多いまま。この傾向が断食でより強くなってきた感じです。

ストレスに敏感ということは、自分のなかで何が問題か、何を捨てていかないといけないかが、より明確になってくるんですよね。ストレス要因となるものを除去していかないと、何も解決できない。

ストレスは、現実と理想のギャップを知らせるシグナルなので、その感度が大きくなるということは、結局行動の変化を促すのではないかと。

この辺については、最近気付いたばかりなので、デトックス終了後、詳細をレポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です