給料が上がる(昇給)や出世(昇格)を英語で表現|もちろんその逆も……

シェアはこちら

PAK85_ra-mensusurugaikokujin20140531-thumb-1000xauto-17381

久しぶりのskype英会話(ぐんぐん英会話)日記です。

今回は最近では珍しくテキストを使っての英会話です。

今日のテキストでは、給料が上がる、出世するを英語で言ってみました。

スポンサーリンク

■給料が上がる

給料が上がるは、salary upとか、salary increaseとかを思い浮かべます。これも間違いではないと思いますが、

今回習ったのはgive a raiseです。

give a raise once a year=年1回昇給する

ちなみに給与カットはpay cutとか使えば良いみたいです。

get a 50% increase in salary=給料が50%上がった(すごいなあ)

get a 50% pay cut=給料50%カット(悲惨だなあ)

また、給料ぎりぎりの生活をすること表現することを、

barely survive on my salaryとか、live from paycheck to paycheckのような言い方をするそうです。

Paycheckといえば、ロバートキヨサキのキャッシュフローゲームなんかでお馴染みの用語ですね。

■出世する

出世するはpromoteを使いますね。でも、こういう比較的簡単な単語でも、なかなか浮かんでこないのがもどかしい……。

When was you promoted to professor ?=いつ教授になったのですか?

She was promoted to to the position of supervisor of her department.=彼女はスーパーバイザーになった。

departmentは部署という意味です。

出世の逆の降格させられるはget plutoedとかbe demotedとかの意味になります。

give someone a choice between demotion and early retirement=降格か、早期退職か。

早期退職といえば、よくハッピーリタイアという言葉の他に、アーリーリタイアという言葉もよく聞きますが、どちらかというと、アーリーリタイアの方が本当の英語の言葉です。

ちなみに自分の場合、降格か早期退職かの選択を迫られたら、降格の内容次第というのもありますが、たぶん良いタイミングと捉えて早期退職を選ぶと思います。

しばらく無収入でも、15~6年は貯金を切り崩して生活できるので。ずっと独身を貫き、投資資金も回収すれば、という話ですが。

話はそれましたが、解雇されるはbe firedとか、be laid offとかです。なぜかこっちは覚えているんですよね。

■ぐんぐん英会話について




僕がやっているSkype英会話はぐんぐん英会話です。

ぐんぐん英会話の料金プランについてはこちら

ぐんぐん英会話の講師の選び方についてはこちら

これからSkypeで英会話をやろうとしている方は選択肢の1つかもしれません。

もし英会話をやってみようという方がいれば、上の記事をご覧ください。

ちなみにあさっては久しぶりにTOEICを受けます。TOEICで高得点取るための勉強を全然していないので、全然自信がないですが……。

テストのための勉強なんかするか!というよりは、単なる語彙力不足だと思いますが。ぐんぐん英会話のレッスン中も語彙力不足を指摘されます。

英語の本も読んでいかないとなあ……。やりたいことは多い……。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です