動物占いに出てくる動物達を英語で表現してみた(Animal fortune telling)

シェアはこちら

2015-08-29 13.26.48

ブログでオンライン英会話(ぐんぐん英会話)日記を始めてから、フリートークの時間を多く割くようになってきました。

ブログを書いている、しかも収入を得ている場合はブログのために行動が変わったりすることありますが、フリートークの時間を多く置いているのも、ブログを書くネタを欲しているからです。

まあ、テキストを使ったりTOEICの問題なんかをシェアしても良いのですが、やはりブログを書くなら、関心のあることを書いていきたいので。

ということで、今回もぐんぐん英会話の先生とフリートークした時のことをシェアしていきます。

スポンサーリンク

■占いを英語で

今回はなぜか、占いの話が多いです。しかもなぜか手相占いとか動物占いとか。(風水とか四柱推命は詳しくないどころか知識ゼロなので、その辺は触れておらず)

ちなみに手相占いを英語で言うと、palm reading、もしくはpalmistryだそうです。

ちなみに、生命線がlieline(そのまんまじゃん)、知能線がintelligence line(これもそのまんま)もしくはheadline

、感情線がheart line(これもそのまんま)になるそうです。

ちなみに、僕の手相はこちら

手相占い師の診断結果についてはこちら

動物占いは、Animal fortune tellingと、これまたそのまんまな表現になります。今回は動物占いに出てくる動物達を英語で表現しようと思います。

ちなみに、動物占いの元になっている個性心理学の診断結果はこちら

自分の個性心理学の診断結果の相性・恋愛についてはこちら

■動物占いで登場する動物達

狼:wolf

猿:monkey

コアラ:koala

※どうでも良いかもしれませんが、コアラを漢字で書くと子守熊だそうです。初めて知った~。

ペガサス:pegasus

※ちなみに自分はペガサスです。個性心理学では「強靭な翼を持つペガサス」です

ゾウ:elephant

ライオン:lion

チータ:cheetah

ひつじ:sheep

黒ひょう:Black panther

こじか:fawn

※ちなみに鹿はdeerです。ニホンカモシカはJapanese serow (もしくはCapricornis crispus)になります。

たぬき:Raccoon

最初は知っているよ、という感じの単語ばかりかもしれませんが、後半難しかったのではないでしょうか?

たぬきとか、英語で表現する機会なんかほとんどないでしょうから。

■私はぐんぐん英会話をしています



ぐんぐん英会話の料金プランについてはこちら

ぐんぐん英会話の講師の選び方についてはこちら

ぐんぐん英会話の先生は、皆マニラ在住のフィリピン人なんですが、占いの話が通じたのが少し意外でした。

手相なんか完全に日本だけの占いと思っていたので。

動物占いの話をしていたら、今度は動物の話題になりましたが、僕はペットを全然飼わない人なので、あまり盛り上がりませんでした。

しかし、動物写真を撮影するのは趣味なので、その話をしたら結構盛り上がりました。

でも、フィリピンでは、どんな動物がいるんだろ?

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です