カフカの絶望的な名言集が不思議なほど元気と勇気を与えてくれる

シェアはこちら

IMG_0460

今回紹介する本は、カフカの名言を集めた、「絶望名人カフカの人生論」という本。

うわー、何だろう。「お前それダメだろう」と思う一方で「認めたくないけど、その気持ちわかるわ……」という感情も沸き起こります。

もちろん自己啓発書とかビジネス書を読んで、モチベーションを上げて、自分の目的や目標を考えて紙に書くことが大事だと思います。

でも、どこか自分で固定概念を作ってしまったり、無理やりなポジティブに逆に苦しんでしまうこともあります。

この根本的な原因は、そもそも自分の願望にないことで頑張ろうとしている、つまり自分に正直になっていないことが原因だと思うのですが、

このカフカのとことん絶望的な名言集を何げに見ていると、どこか自分に正直になれてしまうんですよね。

「この気持ちわかるわ」「今こういう気持ちなのかも」そういう風に感じることで、もしかしたら、今は自分に正直に生きていない、もっとやりたいことがあるのに、それができていない。

 

本当はこんな風な生き方がしたい、もっと気持ちを楽にしたい、そんな気分がどんどん沸き起こってくる。

よくネガティブな本や映画はセルフイメージを下げると言われますが、なぜかこのカフカの名言集はそんなことがないです。無理して疲れた心を逆に癒してくれるくらいのものがあります。

お勧めするのはどこか気が引けるけれども、やはりお勧めしたい。そんな不思議な本でした。

スポンサーリンク

■印象に残った名言を一気にシェア

すべて「絶望名人カフカの人生論」に書いてある本文の一部を引用しています。

(1)将来に絶望した!

・いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです

・あらゆる困難がぼくを打ち砕く

・そして、生きがいを感じることでは、非難され、けなされ、叩きのめされました。

(2)世の中に絶望した!

・ひとりでいれば何事も起こらない。

・閉ざされた地下室のいちばん奥の部屋にいることが、ぼくにとっていちばんいい生活だろうと。…(中略)…部屋着で地下室の丸天井の下を通って食事を取りに行く道が、ぼくの唯一の散歩なのです。

・それでも孤独さが足りない。まったく人通りのない谷間なのですが、それでもさびしさが足りない。

(3)自分の身体に絶望した!

・ちょっと散歩しただけで、ほとんど三日間というもの、疲れのために何もできませんでした。

(4)仕事に絶望した!

・ぼくの勤めは、ぼくにとって耐えがたいものだ。なぜなら、ぼくが唯一やりたいこと、唯一の使命と思えること、文学の邪魔になるからだ。

→この気持ち、個人的にめちゃくちゃわかります。副業としてやっていることでいずれ独立したい人ならば、何回かこの気持ちになったことあると思います。

・ぼくの事務室に通じる廊下で、ぼくは毎朝、絶望に襲われました。

・ぼくが仕事を辞められずにいるうちは、本当の自分というものがまったく失われている

(5)夢に絶望した!

・なぜ文学の仕事で身を立てようとしないのかと。…(中略)…ぼくにはそういう能力がありません。おそらく、ぼくはこの勤めでダメになっていくでしょう。

→うーん、なんかこの気持ちもすごいよくわかる。それを打破しようとしているわけですが。しかも、当時はインターネットなんてない時代。ブログのように、パソコン1つで情報発信することもできない時代です。

・ぼくは、ちゃんと物語ることができません。それどころか、ほとんどものを言うこともできません。

(6)人づきあいに絶望した!

・あるいは親しみを感じられない人たちの間にいると、部屋全体がぼくの胸の上にのしかかってきて、ぼくは身動きができません。

・またいろんな人たちとムダな晩を過ごしました。ぼくは彼らの話を聞くために努力しました。しかし、いくら努力しても、ぼくはそこにいませんでした。他のところにもいませんでした。ひょっとするとぼくはこの二時間、生きていなかったのでしょうか。

 

・友人との関わりについて、いま自分なりに整理してみると、それはむなしい助走であった。

※マンガ版については、この記事を書いている時に知りました。読んだのは、上の文庫本だけです。マンガ版もかなり気になります。

※僕はカフカの作品は読んだことないですが、少し興味が沸いてきました。今まで難しそうで避けていたというのもありますが。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です