【良いかげんごはん】たかぎなおこさんの一人暮らしもこの本で見納め?

シェアはこちら

2016-02-17 18.43.38

今回紹介するのは、たかぎなおこさんの2016年の新作「良いかげんごはん」(オレンジページ)。

たかぎさんの一人暮らしの日常生活のなかで出てくるごく普通のごはんが出てくるコミックエッセイですが、相変わらず平和な気持ちにさせてくれるほのぼのした世界観に、ほっこりした気持ちになります。

なお、記事タイトルの「一人暮らしもこの本で見納め?」の意味は、ぜひ本を買って自分の目でたしかめてみてください。

今回は、たかぎさんの新作で、「あー、おれもこれ好き~」とか、「あー、この気持ちわかる~」みたいなところを簡単にシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

■親子3人、つくし摘み(P32)

まず、つくしって食べられるのか?とびっくりしましたが、言われてみれば、結構天ぷらとかにすると美味しいかな、なんてことを思いました。

たかぎさんが紹介した料理は、ごま油、酒、こしょうで卵を絡めて炒った食べ物なんですが、たしかに美味しそうです。

でも、つくしって、獲ってそのまま鍋とかにぶっ込んだりしてはだめらしく、つくしの棒に等間隔で付いている、はかまというふっくらした部分を取らないといけないらしく、それが結構面倒なのだとか。

でも、つくしが食べられるのなら、かなり倹約料理ができるような気がします。自炊習慣のない自分が実践するかどうかは微妙ですが、一度ブログネタに試してみたいですね。

■夏バテの救世主!すっぱ梅干し(P40)

自分も梅干しは大好きです。ちなみに、カリカリ梅がもう目にハートマークが付くほど好きですが、もちろん柔らかい梅も好きです。

たかぎさんの言うように、何入れても美味しいし、焼酎のお湯割りに入れても美味しいし。

■トマトシーズン、到来!(P46)

たかぎさんは、野菜で一番好きなのがトマトみたいですが、自分もそうかもしれません。きゅうりとかナスとか、匹敵するほど好きな野菜もありますが。

そして、何といってもトマトジュースがもう大好きなんですよね。バーとかでレッドアイとかブラッディメアリーとかあれば、迷わずそればっかり飲んだりするくらいなので。

もちろん、トマトそのものも好きで、トマトを塩かけて、そのまま丸かじりするのも大好きです。トマト&梅干し祭りでもやりたいですね。

■寒い日のあったかシチュー(P128)

この本には、シチューを、まるでカレーのようにご飯にかけるシチューかけご飯が紹介されていますが、これ、自分も小学校の時にやっていましたね。

子供の頃、どこかホワイトクリームのシチューって、カレーの白いバージョンのように思っていて、ご飯にかけて食べるものだと思っていたんです。

しかし、たまたま亡くなったおじいちゃんの家で晩ご飯を食べていたとき、たまたまメニューがシチューで、ご飯がなかったんですよね。

で、仕方なくご飯なしでシチューを食べていたら、「あれ?こっちの方がうまい!もしかして、シチューってご飯にかけないのか!?」と思い、それ以来、ご飯とシチューは別々に食べるようになりました。

それにしても、自分も一人暮らしを始めてから、シチューを食べることがめっきり減ったなあ……。

■他のたかぎさんの本の書評

【関連記事】「ひとりぐらしも何年目?」の感想|今回もホンワカした気分になります

【関連記事】親孝行できるかな?の感想|定年退職後の両親を持つ世代の方へ

【関連記事】【うちの犬知りませんか】たかぎなおこさんの泣けるコミックエッセイの感想

【関連記事】「はらぺこ万歳!」読了|ほのぼのとした食のコミックエッセイ

たかぎさんの本は、他にもいろいろ読んでいます。まだ感想を書いていない本もあり、時々書いていこうと思います。

なんだかんだいって、たかぎさんのコミックエッセイ、6~7割くらい持っているような気がします……。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です