好きなことで生きていけないと思っている人におすすめの本

シェアはこちら

paku_klasdklj_TP_V

「たしかに会社辞めて、自分のやりたいように生きていきたいけどさあ、なかなか好きなことで生きていけないのが現実なんだよね……」

毎日の生活に疑問に感じながら、時には嫌々な気持ちで会社に行って、家に帰ってきたら疲れ果ててしまって、全然自分がやりたいことに手を付けることができない……。

一方で、少数派かもしれませんが、「人生一度限り」「時間は有限」と言って、自分の好きなことを仕事にして全力投球している人もいます。

今回は、「どうせ好きなことで生きていけない。でも、本当はそんな人生嫌だ……」と感じている人に、「好きなことで生きていく系」のおすすめ本を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

■「好きなこと」だけして生きていく。

2015-09-16 06.01.16

カウンセラーの心屋仁之助さんの著書です。心屋さんの本を読むのはこの本が初めてでしたが、サブタイトルの「ガマンが人生を閉じ込める」に惹かれて買ってしまいました。

サブタイトルの通り、毎日我慢して仕事に行って、ストレスや不満を押し殺している感じの人、

本当は別にやりたいことがあるのに、周りに迷惑がかかると思ってなかなか行動に移せない人におすすめの本です。

読後心が軽くなって、勇気が湧いてくるのを覚えます。たぶん、この本を読んで本当に会社を辞めたり、異動を申し出た人がいたのではないかと思います。

心が追い詰められて、何かやらかしそうになる前に、ぜひ読んでほしい一冊です。

【関連記事】ストレスを我慢して仕事続けるか?好きなことだけして生きていくか?

■好きなことだけして生きていけ

2015-12-23 10.06.05

千田琢哉さんの著書です。上に紹介した心屋さんの本と、わずか1字違いの本。「く」と「け」の違いでしかありません。もちろん、内容もテイストも違っていますが。

自分の好きなことって何だろうか、好きなことで生きていくために必要な習慣って、何なのか気になる人におすすめの本です。

千田さんの本は、見開き2ページで1項目読み終える感じなので、とても読みやすいのが特徴です。

【関連記事】今の会社の仕事は好きですか?嫌いですか?大嫌いですか?

【関連記事】人生を滅ぼす無駄な習慣と今すぐ始めたい成功習慣を5つ

■サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

E

No Second Lifeというブログで有名な、プロブロガーの立花岳志さんの著書です。

決して「会社員辞めて自由になろうぜ」っていうことではなく、会社員を続けるにしても、会社を辞めて独立するにしても、ワークスタイルに自由を与えよう、そして、そのためにはどうしたら良いかについてわかりやすく書かれています。

「会社員=不自由という考えは既に時代遅れ」という言葉が印象的でした。

会社を辞めて独立したい人にもおすすめしますが、「貯金もない!副収入も数万円程度!でも良いや、会社なんか辞めてしまえ!」と無謀な形で組織を飛び出しそうな人にもおすすめの本です。

【関連記事】プロブロガー立花岳志氏の本から学ぶ「ワークスタイルに自由を与える」生き方

【関連記事】好きなことだけして食っていくために自分が改善すべき点をシェア

※「好きなことで生きていく」系の本で、おすすめの本が出たら、この記事を更新して、追加して紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です