ブログを書くことで意外にも精神的な効果が得られる|800記事書いて思うこと

シェアはこちら

awhCbhLqRceCdjcPQUnn_IMG_0249

ブログを運営して1年2ヶ月、ブログの記事が800記事を突破しました。

1年2ヶ月で800記事というのは、多いのかどうかは微妙なところかもしれませんが、自分としてはこの1年、かなりブログを書く時間に割いてきたつもりです。

なぜ、今までブログを書いていきたかというと、純粋に文章書くことが好きで、しかも自分で好きなことを自由に発信し、しかもそれで収入が得られることにやりがいを感じるからです。

しかし、もう1つ大事なことに気付きました。意外にもブログを書くって、結構精神的な効果が高いと思ったんです。

ブログって、黙々とパソコンに向き合う孤独な時間がとても多いんですよ。それなのに、精神的な効果が大きいとはどういうことなのか、思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

■あるブログ記事に共感

今回、なぜブログを書くことが精神的な効果が大きいと思ったかというと、最近、とあるブログ記事を見つけたんです。

⇒reference:ブログを初めて一周年。毎日続けてきてどうなった?

このブログを書いている方とは、まだ直接お話したことないのですが、実は同じセミナーを受講していたらしいです(⇒立花岳志さんのブログ講座です)。

このブログの記事に書いている内容が、個人的にすごい共感できました。

具体的にどの文章に共感したかというと、生きるのがしんどくて、いっそのこと電車に飛び込んで楽になろうという衝動に駆られたときに、「あ、帰ってブログ書かなきゃ」と思って踏みとどまることができたところです。

これ、個人的にすごい気持ちがわかります。これ読んだとき泣きそうになったくらいです。

■ネガティブなことを考えられなくなる時間

自分もこの1年2ヶ月、心が凹んだり情緒不安定になってみたり、部屋の中で思いっきり叫びたい衝動に駆られたり、自分や誰かを傷つけたくなるようなこともありましたが、

そういう状態でも、「ブログは書かなきゃ」という思いがあったんですよね。自分の場合は、ネガティブな感情に引きずられて、ブログの更新が滞るのが嫌だったんですよね。

せっかくブログを書く事が自分に向いていることだということに気付けたのに、他の外的要因からくるストレスに負けて、好きなことまでできなくなるのは、自分には耐えられなかった。

だからか、どんなにマイナス感情を引きずっても、1日1~2記事、休日は最低でも3~4記事は書くようにしていたんです。

で、ブログを書いている時間はどういう心境かというと、どんなに心が凹んでいようと、いざパソコンに向かうと、とりあえず、ブログの記事を書くことに頭を使います。

僕は同時に2つのことを考えることができない人間なので、ブログを書いている時間だけは、どんなに心が凹んでいようと、そのことを考えられなくなるんです。

気付いたら、あっという間に時間が過ぎて、いつの間にか心が落ち着いていることがあります。

もちろん時間が経てば、またネガティブな感情がグツグツと煮立ってくるので、ブログを書くことで完全に心が片付くかと言われればそうでもないですが、何かやらかそうという衝動は抑えられたのは何度かあったような気がします。

そう考えると、結構自分もブログに救われている部分もあるんだなと思いました。ブログは収入源として働いてくれているだけではなくて、自分の心も整えてくれているんですね。そう考えると、またブログへの愛着が湧いてきます。

【関連記事】悩みから解放されたいならば忙しく活動してみると良いかも

■関連記事

【関連記事】お金が貯まると精神的余裕が生まれてくる|貯蓄は心も満たす

【関連記事】断食で得られる精神的なデトックス効果は何だったか?

情緒不安定な状態を抑えて、精神的に安定するのに効果がある方法として、個人的に感じるのが、お金を貯めること、そして断食してみることです。

お金が貯まると、それだけ自由になれるので精神的な余裕は生まれますし、断食することで、不思議と過食に対して冷めた気持ちになることができます。

良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です