八戸駅前で鯖寿司を食べてみた|ユートリー近くの朝市屋

シェアはこちら

dsc_0145

用事があって八戸に行ってきました。宿泊は八戸駅前のユートリーです。八戸駅からユートリーに向かう途中に、「さばの店朝市屋」というのを発見しました。

そこで鯖寿司、鯖の唐揚げが売られていたので、買って食べてみることにしました。八戸といえば、南部せんべいやせんべい汁が有名ですが、鯖も結構知られているんですよね。近くの居酒屋も鯖料理多かったし。

スポンサーリンク

■〆鯖と焼き鯖の2種類

dsc_0147

3日間ほど、とある研修でユートリーにいたんです。お昼の時間になって、ご飯を買いに行こうとしたのですが、ぱっと見て思いつくのが駅前のローソンと、八戸駅構内の駅弁くらい。

どこで買おうかな~、なんてことを考えていたら、ちょうど朝一屋を発見したんです。ホテルメッツのあたりも、いろいろあるみたいですけどね。とりあえずここで昼ご飯を買うことにしました。

買ったのは、〆鯖と焼き鯖が2種類入った計6貫の鯖寿司です(700円)。鯖ってこのように寿司にしても美味しいですが、焼き魚定食でも美味しいですよね。好きな魚の1つです。

もう1つ、鯖の唐揚げ(200円)も売られていたので、こちらも購入しますが、まずは鯖寿司から頂きます。

身がプリプリしていて食べごたえがあって美味しいです。駅前だから、勝手にあまり期待していなかったのですが、決してそんなことはありません。かなり美味しい。量で考えても、これで700円なら納得です。

新幹線の駅弁も、1000円超えること多いですからね。新幹線乗っている最中に駅弁食べたい人は、ここの鯖寿司も候補に入れておくと良いと思います。ていうかおすすめです。

■さばカラ

dsc_0146

もう1つ購入したのが、さばカラというさばの唐揚げです。200円ですが、結構量入っています。少し多いなあと感じたくらい。鯖寿司ではなく、これとおにぎり1個とかでも良かったくらいです。(おにぎりも売られている)

骨は入っていないし、一口サイズなので、かなり食べやすい。スナック感覚で食べられる感じです。食感も鳥の唐揚げに少し近いが、たぶんこっちがヘルシーです。鯖って唐揚げにしても美味しいんですね。これは新幹線の中でビールと一緒に食べたら幸せだろうなあ。

営業時間が17:00までなので、夜の新幹線に乗る場合や、夜行バスに乗る場合は買えなかったりするのが残念です。これ、特にさばカラとか、夜行バスの中で食べるにも最適な感じだし。

今度八戸駅でご飯買う際は、なるべくここで買うようにしようと思いました。

【朝市屋】

営業時間:10:00~17:00(年中無休)

住所:〒039-1102 青森県八戸市一番町1丁目9-22

※青森駅東口からユートリーに向かってすぐ

■関連記事

【関連記事】悦中庵の二八そば|八戸で有名なタワー状の大盛りそばを食べてきた

蕪島神社近くの悦中庵の二八そばです。ここ、結構有名です。なんで有名かは、写真を見ればわかると思います。ぜひ併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です