三沢市の繁華街のホテルのビックウエストに泊まってきた

シェアはこちら

201602210950

今日、珍しく三沢市に用事があったので、せっかくなので、三沢市のホテルに前泊してきました。

場所は三沢駅からも近く、繁華街になっている場所にあるビックウエストという民宿風のホテルです。

飲み屋がいっぱい立ち並んでいる場所にある好立地の場所なのですが、よく考えたらファスティング終了後の回復期間……。回復期間は基本的に1日1食で、ファスティング中は原則アルコール、カフェイン禁止。

ということで、おとなしくあまり来ない場所の雰囲気だけ楽しみながら、メルマガの構想を練っていました。いつもと違う場所で作業するのも大事ですからね。たまには、こういうぶらり旅もいいか。

スポンサーリンク

■安価だけど結構広い

201602210701

ホテルなので日によって若干変動はあると思いますが、自分が泊まったときは1泊4,000円でした。今回は、バス・トイレ付の部屋でしたが、バスなしの場合は3,500円だったそうです。

楽天トラベルで予約したのに、なぜそれを知っているかというと当初、手違いでバスなしの部屋を取ってしまった!と連絡があったためです。

バスなしの場合でも、夜は24時まで、朝は5時から大浴場が空いているので、まあ最初は「問題ないですよ~、泊めてください」と言ったのですが、ホテル側の人が配慮してくれて、結局バス付きの部屋に泊まることができました。

なお、雰囲気は民宿風のホテルですが、前段に書いたように、三沢の繁華街のど真ん中に立地しているので便利な場所で、他にもホテルがいくつか点在していました。

1泊4,000円というと、かなり安い印象を受けますが、青森県内では、結構標準価格です。八戸や青森のスマイルホテルとか税込で3,000切ることもあるし。

201602210701

ですが、ここを気に入ったのは、結構部屋が広かったことです。ベッドルームの横に、丸い机が置いてあり、ブログを書く分には問題ないスペースです。

たまに、場所の狭いホテルだと、パソコン使う場所に困ることもあるのですが、ここは伸び伸びすることができました。

ただ、椅子と机のバランスが、パソコン作業に向いておらず、結局椅子から降りて作業していました……。

たぶんパソコン作業用の机のつもりで置いていないのだと思います。しかし、ここは無線LAN(free-spot)が繋がっているので、パソコン作業に不便はしません。

■バス・トイレ別

201602210702

結構自分の場合、ユニットバスのホテルに泊まることが多いのですが、ここはバス・トイレ別です。結構快適です。

まあ、自分はあまり気にしない方ですが……退職したら、3点ユニットの部屋賃貸しようと思っているし。

でも、たまには、こういう広々とした部屋のホテルに泊まるのも良いですね。今度三沢に泊まる機会があれば、また泊まるかもしれません。

今回は素泊まりでしたが、朝食付きプランもあります。

■関連記事

【関連記事】三沢市の赤のれんで熱々の十和田のバラ焼きを食べてきた

三沢市にある赤のれんで、十和田名物で有名なバラ焼きを食べてきました。バラ焼きって、十和田名物でありながら、発祥は三沢みたいですね。

良かったら併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です