青森県の狩猟体感バスツアーに申し込んだけど抽選から漏れた~

シェアはこちら

狩猟体験

1ヶ月くらい前でしょうか。友達のfacebook経由で、青森県主催の面白そうなイベントを発見しました。その名も「狩猟体感バスツアー」です。⇒詳細はこちら

内容は狩猟のデモンストレーションや、銃砲店などの見学、ジビエ料理の試食やハンターさんとの座談会などということみたいです。なんかめちゃくちゃ面白そうじゃないですか!!

12月6日の津軽コースと、13日の南部コースがあるのですが、個人的に行けるのは13日の南部コースの方なので、そちらを申込みました。

スポンサーリンク

■落選通知

実はこの狩猟体感ツアー、手配しているバスの定員なのか、運営上の都合なのかわかりませんが、定員はそれぞれ30名限定。

応募人数を上回るときは抽選を行うとのことです。なんか東京マラソンみたいですね。(←そうか??)

Facebookでも話題になるくらいだから、結構応募が殺到しそうな気もします。

個人的には、動物の死骸を見ることがとても苦手なので(←得意な人いるわけなしwww)、動物を捕まえて、バラバラにさばいて食べることに抵抗があるのですが、

それでもマタギという生き方には憧れを持ってしまいます。なんだろ、組織に縛られていないし、一匹狼、自給自足、自然に囲まれながら生きている、野生動物と接することに慣れている。なんかマタギのイメージってこんな感じじゃないですか。

自由の欲求は掻き立てられるし、そもそも野生動物と遭遇するとテンション上がるし(⇒詳細はこちら)。

マタギしながらブログ書いたり、執筆活動するなんて、少しかっこいいし。狩猟作家、マタギブロガー……、なんかブレイクしそうですよね。

ということで、自分の人生にもしかしたら、何かしら大きな影響を与える可能性もあるかと思い、期待を込めて申込みました。

で、昨日主催の青森県庁の自然保護課から通知結果が郵送で届きました。

結果は、残念ながら落選です……。

自分と同じように、どこかマタギに興味のある人が多くて、申し込みが殺到したのかもしれません。

ITの発達で、東京とか大都市に住む必要性がだんだん薄れてきました。住む場所を問わずできる仕事も、これからどんどん増えていくと思われます。

本当にマタギブロガーとか狩猟作家みたいなのが、今後どんどん増えていくかもしれませんね。自由万歳!!

なので、こういう自然に囲まれた、どこか孤高で自由な生き方をするハードルが低くなる。きっと青森県庁も、その流れを察知して企画したのかもしれませんね。

めでたく当選された方、楽しんできてくださいね~。もし来年とかも企画があれば、また申し込もうと思っています。

■関連記事

【関連記事】狩りをしながら自給自足したい人へ|【書評】わたし、解体はじめました

「わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─」という本の書評です。狩猟生活に関心のある方は、最近は狩猟や自給自足に関する書籍も増えています。この記事も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です