【弘前市】旬鮮肴・旬菜処なじみ|津軽三味線の生演奏が聞ける

シェアはこちら

dsc_0159

イベントがあって、弘前に行っていましたが、その帰りに弘前駅前のヒロロに近い旬鮮肴・旬菜処なじみに行ってきましたので、そのレポートを書きたいと思います。

ただ、車で来ていて、終わったあとに青森市内まで行かないといけなかったので、ノンアルでしたが、食べ物は美味しかったし、津軽三味線の生演奏が聞けて楽しむことができました。

スポンサーリンク

■食べ物の写真を撮り忘れた

居酒屋やランチのレポートをする際、何といっても食べ物の写真を載せるのは欠かせないのですが、うかつにも、今回食べ物の写真を撮り忘れてしまいました。なんていう失態でしょうか。

決して食べ物がいまいちだったわけではありません。地元の料理なんかもあって、これが結構美味しかった。シンプルな一品料理でも、「ああ地元の居酒屋だなあ」と感じることができて、満足度は高かったです。

にも関わらず写真を撮り忘れたのは、僕の大失態です。あー、やってしまった……。

印象に残った料理をいくつか、写真なしで紹介します。(料理の写真なら、なじみのHPでも見ることができます)

(1) 嶽きみの天ぷら

嶽きみとはとうもろこしのこと。つまり、とうもろこしの天ぷらです。天つゆとかつけずに頂きます。とうもろこしの天ぷら、ありそうでない感じです。たぶん人生で初めて食べたと思います。サクサクした食感がハマります。おすすめの一品。

(2) 黒石奥瀬豆腐

普通の冷や奴かとおもいきや、これがコシがあって味がしっかりしていて超美味しい。冷や奴がこんなに美味しいとは思いませんでした。なじみに来たら、これは頼んだ方がいいですね。

どちらも写真に撮ると地味なんですが、地元ならでは、という感じです。こういうのをつまみに、ちびちびと日本酒でも飲んでいたいです。

■津軽三味線生演奏

dsc_0160

この居酒屋の特徴としては、津軽三味線の生演奏が聞けることです。開催日は金曜、土曜の19:30頃、21:30頃の2回ずつ。

津軽三味線って、弾いている人、感情を全然顔に出さないんですね。演奏が終わったあとは、普通に笑顔を見せたりしながら話すんですが、いざ演奏となると一気に無表情。演奏したのは女性でしたが、このギャップがかっこいいと感じます。

実際に青森県民に聞いてみたら、津軽三味線弾いている人は、みんな演奏中は感情を表に出さないそうです。

また、同じ曲弾いていても、弾く人によって全然違うとか。同じ曲でもダイナミックで力強い感じになることもあれば、繊細で優しい感じになることもあるらしいです。

僕は楽器ができないので津軽三味線をやろうとは思いませんが、いろんな人の演奏を聴きたいと思いました。

【旬鮮肴・旬菜処なじみ】  

〒036-8003 青森県弘前市駅前町6−9

電話: 0172-37-0743

営業時間:18:00~24:00(定休日は日曜日)

HP:http://hirosaki-najimi.com/

■関連記事

【関連記事】弘前公園前のスタバの建物がおしゃれで素敵すぎる件【電源&Wi-Fi完備】

【関連記事】【青森県弘前市】ダイニング海の灯|海を意識した清潔感溢れる内装と豊富なメニュー

弘前関連の記事をいくつかピックアップしてみます。特に弘前公園前のスタバは

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です