弘前にある有名な大盛りの食堂「鶴亀」でジャンボチャーハンに挑戦

シェアはこちら

IMG_0354

ダイエット中に関わらず、時々やってしまう大盛りのご飯の挑戦。こういうのは学生時代に嫌というほどやってきましたが、今でも時々やりたくなってしまいます。

これまでも、青森市の鶴亀屋食堂のマグロ丼、函館市のなかみち食堂、八戸市の越中庵のトルネード状の二八そばと行って来ましたが、今回は弘前市。

岩木山神社白神山地を巡ったりするついでに、弘前の大盛り食堂「鶴亀」に行ってきましたので、シェアしたいと思います。ここの大盛りの挑戦はかなりきつかったです。

ちなみに、「鶴亀」と書いて、「かっき」と読むらしいです。また、青森市の鶴亀屋食堂とは、関連性がないらしいです。

スポンサーリンク

■豊富なメニュー

IMG_0358

今回の戦場(?)となる鶴亀は、ややわかりにくい場所にあるものの、弘前駅前のヒロロから徒歩3分程度と、弘前市民なら足を運びやすい場所にあります。

店内に入って驚いたのは、メニューの多さ。店内に、これでもかというくらいのメニューが壁に書き並べてあります。一体全部で何種類あるのでしょうか。

大食いに挑戦する目的で来店しなければ、一体何を頼もうか、なかなか即決が難しいと思います。

弘前といえば、弘前大学があり、青森県内でも学生が多そうなイメージがあるのですが、いかにも学生の住む街にありそうな食堂という感じでしょうか。

ワンコインのランチメニューなんかもあり、コストパフォーマンスもいい感じです。

■残さないでよ!!

IMG_0356

しかし、今回の目的は大食いメニュー。このジャンボシリーズです。

今回は2人で行ったのですが、友人はジャンボカレー、自分はジャンボチャーハンを注文。あからさまにネタでやってきた様子に、店主が一言。

「残さないでね!!」

これは完食しないと怒られるかも……。2人に緊張が走りました。

■まずはカレーが到着

IMG_0359

最初に、友人が頼んだカレーが到着です。

「げっ、でかΣ(゚д゚lll)」

具体的に何グラムあるかわかりませんが、昔あったココイチの1300gを彷彿とさせるような山盛りのご飯。これを残さずに食べるのは至難の業。

しかし、友人はゴール目指して、ひたすら食べ続けます。作戦なのか、最初はルー少なめでご飯をかき込んでいきます。

■チャーハン

IMG_0364

IMG_0362

カレーが来てからしばらくして、自分が頼んだチャーハンがやってきます。

な、なんだこの量は!!ご飯何合だこれ?来た瞬間笑ってしまう量です。頂点にそびえ立つ紅しょうがが、まるで活火山のよう。

一応ネットで調べたうえで注文しましたが、やはり写真と現物はイメージが違いますね。体育会系の大学生でないと完食はかなり厳しい。まだ友人の頼んだカレーの方が攻略しやすいような気もする……。

最初はおいしく頂きました。特に標高の低い場所にあるご飯はおこげになっていて、香ばしい。自分、こういうおこげになっている箇所が大好きなんです。

しかし、おいしく食べる時間は、そんなに長くは続きませんでした。半分もいかないぐらいで、スプーンが止まってしまう……。

■撃沈

結局、2人ともあえなく撃沈。

「もうだめだ」

「おれも」

「お金払って逃げようwww」

注文していたのに、「残さないでよ!!」と忠告されていたので、お金を払った後は逃げるように帰りましたwww実際に本当に走っていたし……。

先に書いたように、メニューがすごい多いので、近所だったら常連になりそうな場所です^^今度は普通のメニューを頼むことにします。気になるメニューもいくつかあったので。

・鶴亀

〒036-8004 弘前市大町2-2-13

弘前駅出口から徒歩約8分

スポンサーリンク

シェアはこちら

ブログの更新情報を受け取る

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です